セフレ募集が多い掲示板集めました

年上との出会いがほしくて出会い系に登録したらクッソ美人来たwww

年上との出会い

昔から年上が大好きだったけど、なかなか出会う機会はありませんでした。
高校では帰宅部だったし、大学でサークルに入ったはいいものの、そのサークルの男女比が8:2とかいうバカげた数字を誇ってました。

こりゃダメだなと思って出会い系を始めてみたはいいものの、しばらくは鳴かず飛ばず。若さは武器になるとか聞いてたんですけど、18歳の大学生って素直に言ったら、

「うーん、10代はちょっと…」

と声を掛けた女の子たちに言われる始末。
10代はダメですか、そうですか。どうやら10代後半と20代前半だと与えるイメージがかなり違う模様。そんなわけで俺はプロフの年齢設定をちょっとサバ読み、20代前半に直して出会い系での活動を再開しました。

出会い系でエロそうな年上の女性ゲットしたww

劇的な変化というのはありませんでしたけど、ただ年齢を理由に断られることはなくなりました。多分、未成年っていう肩書は無意識のうちに警戒心を抱かせるんでしょうね。罪悪感というか、そういう類に端を発する。

PCMAXで年上女性

そんな中で見つけたのが28歳のゆみさん。

職業は受付嬢とか言ってたけど、どこの会社かは教えてもらえませんでした。もしかしたら名の知れた大企業なのかも?

「受付嬢ってなんかキレイなイメージですよね」
「そんなことないよー。タカシくんこそモテそうな感じ」
「いやいや、全然ですよ。あ、良かったら写メ交換しませんか?」
「いいよー。LINEする?」

流れでLINE交換をしたはいいものの、写メはろくなのがもらえませんでした。両目と口がハートマークのスタンプで隠されている写メもらっても反応に困っちゃいますよね。だから俺も後ろ姿の写メを送りました。結局、お互い顔は分からずじまい。

まあいいかと思い、結局そのままやり取りを続けたわけですが、彼女からそこはかとなくエロい雰囲気が漂ってきます。あるいは、年下をからかっているような、そんな感じですかね。

「大学生だったらそういうお友達とかいるんじゃないのー?」
「いないですよ。ゆみさんはいたの?」
「んー、ナイショ。じゃあ経験人数とかは?笑」

俺もお年頃なわけで、こんな会話だけでも興奮しちゃう。安っぽいムスコ。
経験人数は2人ほどでしたが、ちょっと見栄張って4人と答えておきました。そしたら「まあそれくらいだよね」って返ってきました。

え、これくらいが普通なんだ。ちょっとショック。

とまあこんな感じにエロバナしてたらそりゃあヤリたくなってしまうわけで、でもそれを直訴してもしょうがないことは自明の理。だから俺は写メを見せてくれないことを後ろ盾に、「顔見てみたいなあ」とさりげなく打診したら、

「じゃあ会ってみるー?笑」

完全にノリノリですよこのお姉さん。というか最初からその気だったんじゃないかな?
セックスの話とかは出ませんでしたけどね、なんとなくいけそうな雰囲気。「どこで遊んじゃう?笑」とかきてましたからね。

いざ会ってみると年上オーラもあって超可愛かった

ひとまずお茶でもしようかということで表面上は落ち着き、やってきました新横浜!

待ち合わせは午後1時。
終日予定はないそうで、時間はたっぷりあります。できれば即ハメに持ち込みたいところですが、状況を見てからですね。

待ち合わせ時間5分前にゆみさんはやってきました。俺は思わず目を疑いました。キレイな人だなあと見惚れてたら、その人がこっちに向かってやってきたんですから。

「お待たせ―。早いね」
「あ、はじめまして。ゆみさん?」
「そうだよー。それ以外に誰がいるのさw」

やばい、これはやばい。予想以上にキレイな人がきた。というかキレイすぎる!!
それでいて人懐こい笑顔が可愛くて、もうまさにキレカワ系って感じ。ぞっとするほどの美人って、本当に実在するんですね。

ガチガチに緊張しているのを見透かされ、それをネタにからかわれながら2人して移動。いや、普通の男だったら緊張しない方がおかしい。いちいち肩をはたいてくるので、もうドキドキが止まりません。

だからでしょうね、自分がどこを歩いているのか、どこに向かっているのか分からず、気づけばラブホテルの前に立っていました。いや、ほんとに。俺はゆみさんに先導されて歩いてただけっす。

思わぬ展開にまごついてると、ゆみさんが顔を覗き込むようにして、

「あれ、こういうつもりじゃなかった?」
「え、いや、ゆみさんがいい、なら?」
「テンパってる可愛いー。じゃあ行こっか」

年上のお姉さん怖ぇぇぇぇー!!wwww

おかしい、普通はこれ逆じゃないか。普通なら男が女を説得する場面のはずなのに、反対に俺が諭されているような。いやでもね、同じ立場になれば分かりますよ。

とんでもない美人からホテル誘われると、予想以上にテンパります。

喜びよりも不安が勝ります。え、俺これからこんな美人とセックスするの、って。
しかし性欲真っ盛りの時分である俺に欲望を律することなどできるはずもなく、結局俺はゆみさんに引き込まれるようにしてホテルのドアをくぐりました。

過去類を見ないほどエロくて美人な年上をセフレにできた

ラブホに入ってからは完全にゆみさんのペース。
いや、それ以前にもう彼女のペースでしたが、それ以上というか、もはや俺はゆみさんの言いなりにならざるを得ないような、そんな空気感でした。

部屋でいきなりセックスを始める、ということはなく、、大人の余裕でもってゆみさんはお風呂を沸かし、その間ベッドに腰を下ろしてちょっとおしゃべりをしました。なんか色々としゃべった気がしましたが、よく覚えてません。

浴槽に湯が貯まり、ゆみさんが、

「お風呂いっしょに入る?」

と聞くんですけど、もうこの時点で俺に拒否権はないんですよね。小さめだけど形の良い彼女の胸が露わになっていくのを見ながら、俺も服を脱ぎました。

エロくて美人のセフレ

1回戦目はまさかの湯船の中。「我慢できなくなっちゃった」というゆみさんの一言で始まりました。お湯に包まれながらのセックスは不思議な感じでした。というか、ゴムしてない。対面座位の形で、彼女が上下に動くたびお湯がチャプチャプト波打ちます。

さすがにそこで射精はしませんでしたが、ゆみさんは何回もイっていました。

それでスイッチが入ったのか、お風呂を上がってから身体を拭く間もなくベッドに移動して、俺たちはセックスに没頭しました。

その間、何度もゆみさんはイクました。あまりにイクので、感度が良いのかなと思ったのですが、どうやら今までこんな経験はなかったそうです。
曰く、相性が良いみたい。正常位でも自分から腰を振ってくるくらいでしたから、その言葉は本当だったのでしょう。

エロい年上美女のセフレ

セックスを繰り返すうち緊張もほぐれて、俺からも責めることができるようになりました。でもやっぱり主導権はゆみさんの方にあって、ゆみさんが気持ち良くなるようなセックスを繰り返しました。

ようやっと一段落したのは、部屋に入ってから2時間後のことでした。枕に後頭部を埋め、ピロートーク。相性が良さそうという話も、この時に聞きました。

「ね、ね、セフレとかいたりするの?」
「だからいないですってば」
「そっかあ。じゃあ私専用のセフレになってくれないかなあ」
「専用?」
「専用。だってこんな相性良い人初めてだし」

こんなキレイな人の専用セフレとか、願ってもないチャンス。彼氏とかだったら考え物ですが、セフレならば全然オッケー。俺はその場でオッケーをして、そしてそのまままたセックスに突入。

それから週末になる度に呼ばれ、最近ではゆみさんが一人暮らししている部屋にも呼ばれるようになりました。一人暮らしするには割と広い部屋で、やはりなかなか稼いでいるようです。

最近では大人のオモチャなんかも試してみたりして、色々なプレイを試してみたりしています。そういうプレイをするときはさすがにホテルに行きます。声とか気になりますからね。

いつまでこのセフレ関係が続くか分かりませんけど、少なくとも向こう数年は続きそうな気がしています。

ゆみさんは結婚してからも会いたいなあとか言ってますしね。
結婚予定があるのかどうかは、定かではありませんが。

※今回使ったサイト→PCMAX

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事