セフレ募集が多い掲示板集めました

可愛いセフレが作れるという噂の出会い系サイトを使った結果…

可愛いセフレが作れる掲示板

どうも、今までブサイクなセフレしかいなかった大輔(21歳)と申します。様々な出会い系を漁り、それなりの女性遍歴を重ねてきました。中にはセフレになった子もいるのですが、

過去のセフレはブサイクばかり…

セフレがいるだけマシだと言う方もいますがね、ブサイクなセフレにホテル代を使わなければならない悲哀、ブサイクな顔にキスしなければならない屈辱

そしてなにより、ブサイクなセフレに勃起する俺のムスコに対する絶望感…

耐え難いですよ。笑

じゃあなぜセックスするのかと。男だからですよ。なんかセックスしたいな、でもブサイクなセフレしかいないな、まあ別にヤルだけなら顔とか関係ないか、みたいな。

男の本能なんなの。ブサイクにさえ性欲感じちゃうの本当にやめて欲しい。
賢者モードで死にたくなるから。あれ、俺なにやってるんだろう感が半端ないから。時間と金と精子を無駄遣いした気分ですよ。

でもそんな俺にもとうとう可愛いセフレができたんですよ。
友人に聞いた噂の出会い系サイト、PCMAXで。

可愛い女の子もセフレを募集してるのか?

可愛い女の子がセフレを募集している…これに対して疑問を呈する方もいるでしょうね。出会い系サイトを使わなくても、可愛いければプライベートで男なんていくらでも寄ってくる…それが一般的な考えかと思います。

でも、現実は違うんですよ。
出会い系でセフレを探すと別れたい時に後腐れなく別れられる。

というのが出会い系でセフレを探すメリットでして、可愛い女の子であっても利用する子がいるんです。例えば職場でセフレを作ったとして、数ヵ月後に別れたらどうでしょうか…めっちゃ気まずいですよね?w

だから出会い系サイトにも可愛い子がセフレを探してる訳ですよ。

ちなみに、プロフィールの自己紹介文が充実してない子は可愛い確率が高いです。

可愛い女の子はリアルで男にチヤホヤされているので、プロフでアピールするという発想がそもそも欠けているのです。男は勝手にやってくるもの、という自意識が働いているわけですね。

反対にプロフが充実している女はガッツいている感が半端なく、ああリアルで相手にされていないんだなあという感じを受けます。というわけで、俺はプロフがあまり書き込まれていない女の子を重点的に狙っていきました。

可愛い子のプロフィール

そうして見つけたのが純ちゃん、19歳。プロフィールには最低限のことしか書いておらず、自己紹介文はまさかの、

「よろしく~」

この一言のみ。これはレーダーがビンビンに来てやがる。俺は速攻でメールを送ってやりましたよ。

可愛い女の子をセフレにするには辛抱が必要

いかんせん自己紹介文が「よろしく」だけだったのでとっかかりを作るのに苦労しましたが、「大学生なの?」という質問で釣ることに成功。メイクの専門学校生だそうです。

「メイクとかすごいね!」
「すごくないよ。他にも色々なことやるし」
「いやいや、すごいよ。絶対可愛いでしょ笑」
「写メ交換する?」

自分から写メ交換するって、完全に自信あるパターンや。俺はサイトで交換するのもなんだからということでLINE移行の打診をしたらオッケーの返事が即きました。若い子は色々軽くていいですね。

出会い系の為に撮っておいた奇跡の一枚を送り、相手の写メが送られてくるのを待つ。そしてその時が。おそるおそるトーク画面を開くと、

むっちゃ可愛いやんけーーーー!w

プリではなく、自撮り。顎を隠す感じで撮っているところがいかにも自撮り慣れしています。メイクはバッチシ決めて、ちょい上目遣い。芸能人でいうと、ダレノガレみたいな感じかな。

うん、抱ける(上から目線)

今すぐブサイクセフレ共のLINEを消したい衝動を抑えつつ、俺はやり取りを続ける。頑張れ俺、ここからが正念場だ。幸い、俺の写メも及第点は超えたようで、ぶっちされることはありませんでした。

あとは頑張って下ネタを徐々に織り交ぜつつ、話をそっち方向に持っていくことができればなんとかなるはず。しかし、思った以上にガードが堅い、というか忙しいのかあまりやり取りが続かない。

会話が成り立たなきゃ口説くこともできませんからね。下手すれば1日中LINEこなくて、翌日にくることありましたからね。あんまりLINEとかしない子なのかなあ。そう思っていたら、

「ねえねえ、明日とか空いてる?」
「え、空いてるけど。なんで?」
「友達にドタキャンされちゃって。遊ばない?」

チャンス到来!w

実は俺も友達と約束があったのですが、当然のごとくキャンセル。そりゃお前、男友達よりも可愛い女の子取るでしょうよ。とりあえず何して遊ぶかはその場で決めるとして、待ち合わせ場所と時間だけ決めてその日はバイバイしました。

ちょっとブサイクな俺でも可愛いセフレは作れる!

今までブサイクと待ち合わせする時には全く感じられなかった胸の鼓動…久しぶりに感じています。可愛い女の子と会うってだけでテンション上がりますよね。思わず待ち合わせ時間の30分前には到着しちゃってましたよ。

待つこと一時間。まさかの30分遅刻で彼女は現れました。

「ごめんごめん。準備に手間取った」
「いいよ、大丈夫。今日はどうする?」
「んー、どうしたい?」

ちょこんと小首をかしげる純ちゃん。その仕草がまた可愛い。30分の遅刻も全く気になりません。写メよりもいくらか大人びた印象。メイクもさることながら、服装もスレンダーな体型に似合っています。

どうしたい、と聞かれて、俺はどうしようと思いました。正直、こんな可愛い子が易々ホテルに着いてくるかと問われれば、答えはノーです。しかし、だがしかし。男にはやらねばならない時があります。

「じゃあ俺にお任せコースということで」

もう俺の頭の中ではホテルへの道筋が描かれています。内心を悟られないよう、他愛のない会話を交わしながら徐々にホテル街へ近づく。道を曲がり、辺りをホテルが取り囲む場所に歩を進め、俺は手近なホテルを指差した。

「こことかどう?」
「えー、ここホテルじゃん」
「え、うそ、ここホテルなの?」
「なにそれ、わざとらし」

ホテルに誘う時はとりあえず道化を演じる。必死な男はみっともないですからね。しばらくの問答の末、純ちゃんが「しょうがないなあ」と言い、ようやく最後の一歩を踏み込んでくれました。

この瞬間を待ってた。笑

俺は素早く部屋を選び、そそくさとお金を払って、速攻でエレベーターに乗り込みました。今からこの子とセックスかあ。一切の隙が見当たらない横顔をうっとりと眺め、思わず嘆息。

部屋に入り、しばし歓談。いきなりセックスというのも芸がありませんからね。そして段々と雰囲気を盛り上げていって、いざベッドイン!!

掲示板でセフレが作れた

純ちゃんの服を脱がすと、赤いフリフリのついた可愛い下着が露わになりました。なんだかんだ期待してたのかな。俺はいい匂いのする彼女を攻めたてるように愛撫を始めました。

途中に休憩を挟み、なんだかんだで3回戦。

シャワーを浴びにいった純ちゃんを見送った後、俺はいつの間にか寝入ってしまったようで、目を覚ますと既に午後8時が過ぎていました。

次の日が仕事だったのでその日のうちに解散をしましたが、今でもこの純ちゃんとはセフレという身体だけの関係が続いています。
彼女と出会ってからは出会い系サイトも使わなくなっちゃいましたけど…

またセフレ探しをするときは、PCMAXでお世話になろうと思う。笑

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事