セフレ募集が多い掲示板集めました

若い男大好きな独身熟女をセフレにしたと思ったら恋人だと思われてた件

熟女アイキャッチ

20代までなら、

熟女をセフレにすることをオススメします。

年齢を前面に押し出すだけで簡単に釣れますし、セックスも濃厚。そして何より、

ラブホ代を毎回出してくれる熟女が大多数を占める!

地味に響くんですよね、ラブホ代。同年代とか年下だと男の威厳とかいう訳の分からない威光を示さなくちゃいけないんですけど、熟女が相手だとむしろ「ここは大人に払わせて」と積極的にホテル代を担ってくれちゃいます。

若いうちは性に飢えた熟女を相手しておいた方が、お得だと思いますよ。

若い男なら熟女をセフレにした方が絶対にお得!のはずだったけど…

とは言ったものの、熟女の中にも敬遠すべき存在はあります。色々とメリットはあるんですけど、数少ない、でも割と深刻なデメリットもあったりするんですよね。

熟女は熟女でも、「独身」熟女はなるべく避けよう!

独身、と訊いた時点で察しの付く人もいるのではないでしょうか。熟女で、独身。若い男的にはセフレにしやすい、いわば買いの物件なわけですが、皆さんご存知の通り、世間一般的には、「これはちょっとなあ……」という感じになってしまいます。
イククルトップ
さて、イククルで釣り上げたミナヨという40代前半の熟女が過去にセフレとしていたのですが、これがまあ曲者でして、

セフレ関係だと思っていたらいつの間にか恋人だと勘違いしていたのです

ミナヨは年の割にはキレイで、若い頃はそこそこモテていただろうな、という容姿をしていました。隣を歩く分には、許せる程度です。でも、でもですよ、恋人はないですよ。年齢的に。

ちなみに彼女は若い男が大好きなようで、サイト内でメールしていた時は、

「若ーい! こんなオバサンよりも若い女の子に連絡した方がいいと思うよー(笑)」
「いえいえ、年上好きなので! 年下はあんまりって感じですか?」
「むしろ大歓迎♪ 年取ったからかな、最近は若い子が可愛くてー」
「ミナヨさんはご結婚なさってるんですか?」
「独身だよ。バツもないし、彼氏もいない」

出会い系にいる熟女って、大抵が人妻なんですよ。だからかな、この時の俺は「独身」ということを特に気にもせず、やり取りを続けました。どうせこの熟女も若い男の子とセックスがしたいだけなんだろうな、と。

でもそれは、大きな間違いでした。

恋人気取りの独身熟女はセフレ扱いが不満なようです

セックスに至るまでは、そこまで時間はかかりませんでした。生娘ではあるまいし、男女がああいうところで出会えば、早晩どういう関係になるかはお互い承知の上です。

「初対面でホテルは絶対にないからね! まずは仲良くお茶しましょ♪」

と言っていたにも関わらず、彼女とは初めて会ってから数時間後にはラブホにいました。
ラブホ
ちなみに会ってから口説いたわけではありません。事前のラインでのやり取りで仕込んでおくのです。「会ったら襲っちゃうかも」とか、「お互いタイプだったらホテル行きたいな」とか、言っておくんですよ。

そうすれば、会う前からセックスを意識させておけるし、ホテルに誘っても「いきなりそれは……」ということにはなりません。拒否されたら、会わなければいいんですよ。時間の無駄ですし。ちなみにミナヨは、

「もー、そんなこと言われたら会えなくなっちゃうよー♪」

とか言ってました。ホテルで服を脱がしたら勝負下着っぽいセクシーなやつだったので、内心は期待してたんでしょうね。「初めて会う時はお茶だけ」とか言ってる熟女に限って、心の中では真逆のことを考えている気がします。
熟女ハメ撮り
一度目のセックスを終え、二度目、三度目と逢瀬を重ねるに連れ、ミナヨの態度は徐々に変化していきました。ホテルデートに不満を示すようになっていったのです。

「ねえ、今度はホテルじゃなくてちゃんとデートしない?」
「なんで? 俺とのセックス嫌い?」
「嫌いじゃないけどさ、もっと普通にイチャイチャしたい」
「セックスもイチャイチャの内じゃん」

その時はね、「ちょっとめんどくさいな」って思っただけなんですよ。ホテル代を全部出してもらってる身分で言えた義理じゃあないんですけど、「デートは人の眼が気になって無理だろ……」とか内心では思っちゃってました。

そして決定的な一言を吐かれたのは、5度目くらいのホテルデートの時ですかね。

「ね、ちゃんと友達とかに紹介して欲しいな。証明が欲しいの……」

「はあ?」とは言いませんでしたけど、「なに言ってんの」とは思わず口走りました。だってそうでしょう、恋人でもないのに紹介とか、どういうことだよ。するとミナヨは満面を笑みを浮かべて、

「私の友達にも会ってほしいな。実はもう話してて、年下の恋人ができたって♪」

頭が混乱しましたね。恋人になった覚えはないし、そもそもセックスしかしてないし。
ズルズルいくとまずい、と直感で察知した俺は、その場で誤解を正しました。俺は恋人ではなく、セフレとしてしか見てない、と。黙って俺の話を聞いた彼女は急に泣き出して、

「最低ッ! セックスまでしておいて責任取らないんだッ!」

セックス=付き合う、という等式でも成り立っているのでしょうか、彼女の中では。なんかやばそうだったので、俺は一足先にホテルを出ました。

これで縁が切れる……。そう、思っていたのですが……。

セフレにするなら若い男大好きな人妻熟女にしておきましょう!

「やり直さない?」「やっぱり好き……」「忘れられない……」など、もはやストーカーばりのメッセージは、ホテルで別れたあの日以来、ほぼ毎日届きました。情緒不安定な様子で、たまに強い語調のものも混じっていましたね。

「この結婚詐欺師!」という罵倒にはちょっと笑ってしまいましたが、一方でヒヤリとさせられるものもあり、

「ねえ、妊娠したみたい……」

その2時間後……、

「ごめん、ウソ……。ビックリした?」

以来、俺は「独身」の熟女に手を出すことを止めました。ある意味、人妻よりもリスクが高い。

皆さんもね、結婚できるかどうかの瀬戸際にいる妙齢の女性は避けた方が良いですよ。「割り切った関係」から、簡単にはみ出してきますから、彼女たちは。

セフレにするなら、切羽詰まってそうな独身熟女よりも、人妻熟女の方がオススメです。若い男なら、どちらも簡単に捕まえられますし、むしろ人妻の方がセックスレス率高い分、セフレ化しやすいかも。

それでは皆さん、独身熟女に気を付けて、素敵な出会い系ライフを楽しみましょう。

※今回使ったサイト→イククル

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事