セフレ募集が多い掲示板集めました

女子大生と割り切りしたら「割り切りネットワーク」なるものに組み込まれたんだがww

出会い系で割り切り相手を探すのは簡単です。
プロフや掲示板で「隠語」を使っている女の子を探せば良いだけなのですから。

その日も俺は、イクヨクルヨで知り合った女子大生と割り切りをしていました。ホ別3万円が惜しくないくらい、ゆりかちゃんは美人でスタイルが良かった。

ホテルに入って1時間、セックスを終えてベッドに寝そべる俺に彼女が言いました。

「こういう出会い、結構やってるでしょ?」
「……どうして?」
「慣れてる感じだから。当たり外れ激しくない?」
「まあ、それはね。今日は当たりだったけど」
「ありがと。それでさ、ちょっと提案があるんだけど」

俺は首を傾けました。何やら不穏な流れであることは把握していましたが、聞く分には問題ありません。

「割り切り相手、紹介しようか?」

それが俺と「割り切りネットワーク」の出会いでした。

出会い系で「割り切り」を指す隠語とは?

「割り切り」「円」という言葉が跋扈している出会い系ですが、これらの言葉は、使用を禁止されています。

例えば、大手出会い系サイトのPCMAXでは、

出会い系掲示板禁止事項

こんな風に禁止事項として明記されています。
それでも「隠語」はサイト内を行き交ってますけどね。

さて、ここからが本題。

「割り切り」の隠語は数多くあります。

理解ある人、分かってくれる人、夢を応援してくれる人、大人の関係、秘密の関係、定期、都度、訳アリ

例を挙げれば、キリがありません。
ごく普通に「エッチな関係希望です」と書いていても、割り切り関係の意味となるご時世。

少しでも引っかかる言葉があれば、それはもう「割り切り」を指す言葉と疑ってかかるべきでしょう。

割り切りを終えた女子大生からまさかの提案が……

「割り切り相手、紹介しようか?」
そう言った彼女は立ち上がり、帰り支度をしながら、俺に説明を始めました。

「実は友達にも割りやってる子がいっぱいいてさ。」
「それなら情報を皆で共有した方が、安全だし、手間かからなくて良くない?って感じになったんだよね。」
「名付けて『割り切りネットワーク』って感じかな。」

隠し撮り画像

割り切りを希望する女性が多数いるのは事実。
彼女の言うことも、たしかに理には適っています。

「君は、会った人全員にそれ紹介してるの?」
「ううん、信頼できそうな人だけ。安全第一だから。」
「今はどれくらいの男がそこにいるの?」
「気になる? でも教えない。ざんねーん」
「じゃあ……」
「どうするの?可愛い子いっぱいいるよ♪」

ゆりかちゃんは、スマホに女の子の画像を表示し、スライドさせていきました。そのどれもが可愛い。
彼女たちが、「紹介相手」ということなのでしょう。

「胸は大きい方が好き? それとも小さいの?」
「……大きい方が」
「じゃあ、この子なんてどう? Fカップだよ、確か」
「紹介って、連絡先をもらえるのか?」
「最初はセッティングするよ。後はご勝手にって感じ」

画面に表示された女の子は、正直俺の好みのタイプで、これで胸も大きいとなると、割り切り相手としては申し分ないように思えました。

このネットワークが事実なら、当たり外れに一喜一憂せず、可愛い女の子とセックスを楽しむことができる。

「どうする?」と、いたずらっぽく笑う彼女に俺は、

「……条件は?」

割り切りネットワークに組み込まれる決断をしました。

ネットワークで紹介された巨乳女子大生と安心安全な割り切りしてきましたw

ホ別4万。うち5千円は、ゆりかちゃんに入る。
紹介料というやつですね。

その為、一般的な相場よりもやや割高となりましたが、ミフユちゃんを見た瞬間、どうでもよくなりました。

「はじめまして!ゆりかちゃんに紹介して貰いました」
「はじめまして。本当に、紹介してもらえるんだね」
「やっぱり疑ってました?」
「そりゃ、まあね(笑)」
「私も、初めに話聞いた時はちょっと怖かったです…」

おっとりした様子のミフユちゃんは清楚な雰囲気をまとっていて、割り切りなんてしそうもない女の子でした。
でも、こういう子に限って…だったりするんですよね。

ホテルへ向かうその道すがら、俺はふと疑問に思ったことを聞いてみました。

「ゆりかちゃんからは何て紹介されたの?」
「紹介したい人がいるんだけど、会ってみない?って」
「それだけ? よくそれで会ってみようと思ったね」
「顔写真あったし、この人ならと思って。あと…」
「あと?」
「ゆりかちゃん、グループラインでも宣伝してますよ」
「宣伝って……。どんな風に?」
「新しい人入ったよーって。安心安全の有望株って笑」

クスリと、彼女は笑いました。
まるで、何かを思い出したように。どうして笑うのか。

問い質そうとする前に、俺達はホテルに到着しました。

率先して中に入った彼女は、部屋のパネルを前にして、
「ショートタイムでいいですよね?」

有無を言わさぬ口調に、頷くしかできませんでした。
俺はセックス後の余韻が好きなので、そこだけが残念。

部屋に入り、4万円を手渡す。

顔が写らないなら写真を撮っても良いとのことだったので、セックスの最中に何枚か撮らせてもらいました。

「連絡先、交換しない?またエッチしよーよ♪」
「もちろん条件アリだよね?」
「はい。でも今度はホ別3でいいですよ!」
「ありがとう。セックスしたくなったら連絡するよ」

家に帰ると、ラインにミフユちゃんからメッセージが届いていました。巨乳の谷間を見せつけるような煽情的な写真と共に、「今日は気持ち良かったよ♪」と。

自撮り画像

きっと彼女は良い営業になるでしょうね。

色んな女子大生と関係を持った俺は、最悪の真実を知ることになりました…

その後、割り切りネットワークの信用性と利便性を知った俺は、何人もの女子大生を紹介してもらいました。

出会う女の子全てが可愛く、彼女たちは学内でも目立つグループに属しているのだろうと推察できました。

そんな折、俺はカエデちゃんという女の子と割り切り関係を結びました。彼女は、就職の為、今回限りでネットワークを抜けるのだそう。

そのお祝い、というのもおかしいですが、ホテル帰りに夕飯を奢ってあげました。その席で、俺はとんでもない事実を知ることになったのです。

「そういえば、知ってますか?」
「ん、なにを?」
「ゆりかがあなたのこと、みんなに何て紹介してるか」
「有望株だって紹介されてるってのは聞いたけど…」
「それ、ウソですよ」
「え?そうなの??」
「本当は、こんな風に紹介されてるんです」

彼女が見せてきたスマホには、

「早漏オジサンの相手募集中♪」
「三擦り半だから無駄な演技も必要ありません笑」

ぞわりと、背中に寒気が走りました。

これまでに感じた、侮りのような女の子たちの態度にようやく説明がつきました。柔らかな表情を浮かべていたその裏で、彼女たちは俺を笑い者にしていたのです。

「もう止めといた方がいいよ。笑われたくないなら」

それ以来、割り切りネットワークを利用を止めました。

一度ゆりかちゃんから連絡がきましたが「もうやめる」と言うと「はーい」とだけ返ってきて、引き止めの言葉も、理由を聞くセリフも、何もありませんでした。

程なくして俺はインポとなり出会い系を退会しました。

※今回使ったサイト→イククル

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事