セフレ募集が多い掲示板集めました

女子大生の話相手をしていたらセフレになれた体験談

女子大生とセックス

セクハラ、強姦、わいせつ事件。性欲を持て余した男性たちによる愚行がテレビで報じられる度、俺はこう思うんです。

なぜ出会い系サイトを使わないのか?

出会い系サイトを使えば、セックス目的の女性はそれこそテレビを見ながらでも見つかる。即エッチの呼びかけに答えてくれる女性がいれば、アブノーマルな性癖をいっしょになって楽しんでくれる女性もいる。あらゆる欲求は、この出会い系サイトで解消できると言っても過言ではありません。

ふと若い女の子とセックスしたい、女子大生のセフレが欲しい、そう考え出会い系への一歩を踏み出した俺を待っていたのは、

なんとまあ素晴らしき世界……ッ!

これからお話するのは、俺が出会い系サイトで知り合った女子大生と話している内にセフレになっちゃった体験談です。

出会い系サイトで若い女の子を探す方法

出会い系サイトで若い女性を探すのは非常に簡単。今回、女子大生との出会いに使ったYYCを例に説明すると、

プロフ検索、掲示板検索共に年齢を設定することができるので、画像のようにターゲットとする女の子の年齢を決めるだけでオッケー。

ちなみに職業でも絞り込むことができ、

こんな風に「学生」と入力すれば、簡単に女子大生を探し出すことができます。

出会い系サイトで大切な注意点をひとつお伝えしておきます。

いきなりの下ネタ、アダルトな言動は控えるべし

いくら出会い系でもこれはアウト。もしそれで女の子が釣れると本気で考えているのなら、出会い系を始めるのは先延ばしにした方が良いかもしれない。

セフレの作り方は人それぞれですが、ほぼ全員に共通しているのは、

ちゃんと人として仲良くなっている

ということ。男性とは違い、女性は最低限の信頼関係がないとセックスはできないと考える人が多い。どんなに性欲を持て余していても、です。その辺りをきちんと理解しないと、いつまで経ってもセフレはできません。気を付けましょう。

セフレになれそうな女子大生を見つけた

一人の女子大生の女の子とやりとりをすることに成功。名前はすずちゃん。

出会い系における効率的なメールの方法なんてろくに知らなかった俺は、むちゃくちゃに丁寧なメールを送ったのですが、どうやらそれが功を奏したらしく、

「なんか逆にウケちゃってww」

と返信をもらいました。

スズちゃんが出会い系サイトを始めたのはどうやら「とある悩み事」を吐露できる相手が欲しかったらしく、知り合って2日目、彼女は突然こんなことを言い出しました。

「あの、女子で性欲が強いのって、やっぱり変ですか?」

女子大生といえばお年頃、セックスに興味があったり、性に奔放な時期を過ごすのもごくごく自然なことだろう。疑問に答える形で俺がそう伝えると「ですよね!」とスズちゃんが言いました。

「友達みんなそういうの興味ないって言ってて、私だけ?って思ってたんですよ!」
「友達とそういうこと話すの恥ずかしいんじゃない? お年頃なわけだし」
「大学生くらいだったらもっと色んな話とか色んなことできると思ったのになあ」
「色んな事って、例えば?」
「例えば、セフレ作ったり、講義サボってホテルに行ったり。あとは」
「あとは?」
「……乱交パーティーとか?ww」

あ、この女子大生簡単にセフレにできそう。そう思った瞬間でしたww

女子大生の悩み相談に乗っていると……

初オナニーは小4で、初セックスは中2。今でもオナニーは欠かさず毎日しているらしく、最近では「想像だけでイキそうになる」レベルに達しているのだとか。

もはや性欲で頭がおかしくなってさえいそうな様子のスズちゃんでしたが、とにかくセックスしたいのは伝わってきました。

しかし、果たして女子大生の旺盛な性欲に付いていけるだろうか……。それだけが心配でしたが、彼女の勢いに押される形で会うこととなりました。

「ちなみにセックスはどれくらいぶり?」
「先週ぶりかな! エッチした後なぜか連絡切れたけど!」

……無事に帰れるといいな。

あっさり女子大生のセフレをゲット!

広瀬すずに似ているようで似ていない。スズちゃんはそんな感じの女の子でした。というか、完全に寄せにいっている。まあ肝心要の容姿は、「ごくごく普通の女子大生」としか形容できませんが。

「あ、そういえばこんな年上の人とエッチするの初めてかも!」
「俺も女子大生とセックスなんてしたことないよ。セックス自体久し振りだし」
「そうなの? 社会人なんだからセフレの1人や2人いるんじゃないの〜?」
「社会人どんなイメージ……?」
「溜まりに溜まったストレスをエッチで発散するイメージ?」
「……間違ってはいないかも」

ホテルに入り、シャワーを浴びる間もなく濃厚なキスを交わす。若い女の子の唇って甘いんだなあ、とおっさん特有の気持ち悪い思考が脳内を満たす。

「あ、ピル飲んでるからゴムはしなくてもいいよ」
「ピル飲んでるの? なんで?」
「だっていつどこでエッチするか分からないでしょ? 妊娠はしたくないし!」
「もしかしてナンパされたら割と付いていっちゃう方?」
「……えへ♪」

筋金いりのエロ女子大生だな……。これはお仕置きせねばいかん。長年忘れていたSっ気がふつふつと湧き上がってくる。がしかし……、

女子大生とセックス2

あっさりと返り討ち。

からの、若さに任せたガムシャラな動きに翻弄され、もはや息も絶え絶え……。この子、セックステクニックは特にないけど、むちゃくちゃ動きたがるからかなり疲れる……。

「男の人ってさ、エッチの後に虚しくなるんでしょ? 賢者モード? っていうの」
「ああ、あるね。虚しいというか、だるくなる」
「それちょっと羨ましい。1回エッチしたらもっともっとしたくなっちゃうから、私」
「え、ちょ、ええー……」

性欲の権化、恐ろしや……。結局ホテルに滞在した4時間で6回ほど抜かれてお開きとなりました。これは連絡も途絶えますわ……。しかしとうのスズちゃんはというと、

「むー、まだ足りない。帰ったらオナニーしよっかな!」

そう言い残して帰っていきました。

その後、彼女とはセフレ関係になりました。怒涛の勢いにろくについていけなかったので1回きりになるかと思っていたのですが、

「なんかイイ感じのところに当たるから♪」

女子大生のセフレができたのは喜ばしいことですが、会うたびにゾンビのようになるまで搾り取られるのでなかなか大変です。できれば他にもセフレを作ってもらって会う頻度を減らしてほしい、そう考えてしまう今日この頃です……。

※今回使ったサイト→YYC

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事