セフレ募集が多い掲示板集めました

セックス目的の淫乱熟女おばさんが○○過ぎた件…

ネットの海を泳いでいると、「出会い系サイトで可愛い子とヤレた!」とか「セレブな美魔女とセックス!」みたいなね、いかにも「出会い系、最高だぜ!」みたいな体験談が多いんですけど、

いやいや、出会い系を甘く見んなよ……?

もちろんね、そういう正の側面だってありますよ、出会い系には。可愛い子だって、美魔女だって、確かに存在するんですから。でもそれ以上に負の側面、「失敗談」が出会い系には多く存在します。そういう経験をして、僕らは強くなっていくんですww

そんなわけで、今回はまあ、聞きたくないかもしれないけど、僕のとっておきの出会い系失敗談をご紹介したいと思います。あの頃は、若かった……。

セックスしたいオーラ出しまくりの淫乱熟女おばさんガツガツしまくりでやばいwww

あれは僕がまだ大学生の頃、出会い系サイトに慣れ始め、それと同時に年上熟女の味も覚えてしまった僕は、もう毎日のように出会い系で30代~40代の熟女を漁ってました。正直、好みってよりかは、簡単にセックスできるからってのが理由でした。

そんな折、イククルで年下好きの熟女、かえさんと知り合いました。年齢は40代前半で、結婚はしているものの、セックスは何年もしてないとのこと。

初めからセックスしたいオーラを出しまくっていた彼女。言葉では雰囲気次第とか言っていますけど、簡単にヤレそう。アポを取るのは、実に簡単でした。

ここで僕はまず1つ目の間違いを犯しました…

間違い①:熟女と事前に写メの交換をしなかった

正直な話、最初に会った熟女がそこそこキレイで、「あ、こういう感じなのね」と高を括ってしまった部分がありました。このレベルなら普通に抱けるな、と。後から思えばその女性は、全体で見ても非常に高レベルな熟女でした。

そして間髪を入れず、僕は2つ目の間違いを犯してしまいました。

間違い②:ラブホテルの中で待ち合わせ

かえさんが人妻ということもあって、

「誰かに見られらまずいからさ、ラブホテルの中で待ち合わせしてもいい?」
「いいよ! 部屋? それともホテル入ってすぐのところ?」
「すぐのところかな! お部屋はいっしょに選びたいな♪」
「いいよー♪」

見ようによっては、一切の手間を省いた非常に効率的な一手だと思われるでしょう。しかしそれは、相手の外見が「抱ける」という前提があってこそ。そう、ラブホ内での待ち合わせは逃げ場を失わせる、諸刃の剣でもあるのです……。

ちょいおばな外見の淫乱熟女と妥協してホテルに行ったは良いものの……

東京地下鉄の横浜駅から少し歩いたところにある出口を出ると、すぐにちょっとしたラブホ街があり、待ち合わせはそこに建つホテルの内の1つとなりました。

鼻息交じりに歩く僕。下半身は既に臨戦態勢です。その日の為に、有り余る若さとエロさを1週間も抑え込んでいたのです。

「今度はどんな熟女、いや淫乱おばさんとセックスできるかなあ」

若い、若いです……。完全に甘く見ていました、出会い系を、そして熟女を。既にラブホの中に入っているというかえさん。彼女を追うように店内に入った俺が見たのは、とんでもない光景でした。

「良かった、独りぼっちで心細かったの……。どの部屋にする?」

 

え?……。

お世辞にもキレイとは言えない正真正銘のオバサンが、そこに立っていたのです……

そのオバサンがかえさんであることは疑いようもありませんでした。他に客はいないのですから。

「えっと……」
「どうしたの? 緊張してる? それともあんまりタイプじゃなかった……?」
「……いえ、大丈夫です! この部屋にしましょう!」

この時の僕の間違いを、致し方ないとはいえ言葉にするならば、

間違い③:正常な判断ができなくなるほどに性欲を溜め込んでしまっていた

かえさんは実際、「頑張ってもギリで抱けない」レベルのデブスだったのですが、上記の間違いにより、溢れる性欲が足りない部分を補完。まさかの「セックスができればそれでいっか!」状態に僕はなってしまったのです……。

さて、もうここまできたら後は本能の赴くままに突っ走るだけだと、そう思うでしょう? でもね、最大の間違いは、最後に待ち受けていたんですよ……。

セックス中の淫乱熟女おばさん、クサ過ぎてヤバかった……

それは、僕がもうどうにでもなれと、かえさんのたるんだ身体にむしゃぶりつき、お世辞にも上手いとは言えないセックステクニックを披露しようとした時に起こりました。

セックスの経験が浅い頃って、前戯は1つ1つ丁寧にするものって、そう思い込んでいましたよね。少なくとも僕は、そうでした。相手を気持ち良くする為に、必死だったんですよね、おそらく。

律儀にも、首筋、おっぱい、お腹と上から順に愛撫をして、太ももに舌を這わせた僕は、最後にとっておきの秘所に顔を埋めようとしました。俗に言う、クンニです。しかしその時僕は、最後にして最大の間違いを犯したことに気付いたのです。

間違い④:シャワーを浴びないでクンニをしてはならない

あの時の悪臭は、忘れることができません。ありとあらゆる汚物をまとめてそこにぶち込んだような、この世のものとは思えない匂いが、彼女の股の間から放たれていたのです。僕はクンニを諦め、そして正気に戻りました。

何やってんだろ….。

「え、こんなデブスおばさんとセックスできるわけないじゃん……」

ベッドに裸で横たわるかえさんを見て、俺はそう思いました。

結局、彼女とセックスすることはありませんでした。というか、できる状態ではなかった。あまりの精神的ショックに、その後1週間ほど、ムスコがまともに勃起しないほどでしたからね。

出会い系サイトを利用している方は、多かれ少なかれ、このような失敗を経験しています。しかし、それと同じかそれ以上に、成功もその身で味わっているのです。要は、失敗してもめげずに頑張れと、そういうことです。淫乱熟女には、気を付けた方が良いですが……。

※今回使ったサイト→イククル

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事