セフレ募集が多い掲示板集めました

人妻の自宅で浮気セックスした体験談

これは俺が大学生の時の話です。

出会い系サイトで知り合ったマユコさんという方がいたんですけど、29歳、子無し専業主婦の彼女はなんでも近々離婚をするそうで、

「どうせなら結婚してるうちに浮気でもしてやろうかと思って!」

という理由で、出会い系サイトに登録したんだとか。初めから不特定多数の男性と遊ぶ気はさらさらなかったらしく、俺とラインを交換した後は、さっさとサイトを辞めていましたね。他のやり取りをしていた人には申し訳ないですが、出会い系は早い者勝ちなので仕方ありません。

人妻は欲求不満でセックスしやすい

人妻が出会い系サイトを使うのには、必ず理由があります。旦那の浮気、欲求不満、ストレス、セックスレスなど。女子大生など若い子と違って、「なんとなく」なんて曖昧な根拠はなく、そこには絶対、何かしらの人妻ならではの不満が隠れています。

職業を「主婦」にして検索すると、人妻がこんなにも出てきます。正直、入れ食いといっても良いくらいの盛況ぶり。1日に最低1回はチェックしておかないと、すぐに他の男に取られてしまいます。

気になった人妻を見つけたら「どうしよう」ではなく、まずメールしてみましょう。ポイントが足らなければ補充しましょう。それくらいの価値が、人妻にはあるのです。

なぜなら知り合ったその翌日にラブホでセックス、なんてことも夢ではありません。

旦那に不倫された人妻に「家に来ない?」って誘われた

旦那に不倫されて出会い系に登録した人妻は珍しくありません。むしろポピュラーです。でも、

「今度ウチに来ない? 泊まっていってもいいんだけど?」

いきなり自宅に招く人妻はまれです。まれというか、ほぼいません。リスクがでかすぎるんですよ。俺も最初は躊躇しました。でも次のマユコさんの言葉に、「それならまあ……」という気持ちになったんですよね。

いやあ、なんというか、このやりとりの通りとことんまで夫婦仲は冷めてしまってるんでしょうね…。

不倫宣言するマユコさんもマユコさんですけど、それを容認する旦那さんもまたおかしいです。まあ元はといえば旦那さんが悪いんですけど。不倫のやり合いになった今では収集がつかないでしょう。

顔写真を交換しましたけど、マユコさんは小柄で可愛らしい奥さんでした。プリクラをもらったんですけど、隣には旦那さんらしき男性が、もろに顔出しで映ってましたねw あれも仕返しの一種だったんでしょうね。

そんなわけで俺は、人妻の自宅で不倫セックスをすることになりました。

さほど警戒することもなく自宅にいったら、人妻がごちそう作ってくれてましたw

今、この時と同じことが起こったら多分、行かないと思います。怪しすぎますもん。上手い話にこそ警戒せよってことは、身に染みて分かっています。

夕方、自宅の最寄り駅に待つ俺の元に、マユコさんが軽の自動車でやってきました。助手席に乗り込むと、プリクラよりも一回り眼の小さい、でもそれ以外はさほど変わらないマユコさんが微笑みました。

「お待たせ。写真で見るよりもずっと若い感じだね」
「マユコさんはおキレイですね。結婚してるとは思えないですよ」
「子供いないからじゃない?それにもうすぐバツ持ちだしねー」

これから人妻の自宅で浮気、しかも旦那も知っているという奇妙な状況での浮気をしようという割に、比較的和やかなムードで車はマユコさん宅へと向かいました。

アパートに着き、階段を昇る。ドアを開けると、良い匂いが鼻先を掠めました。リビングに通され、テーブルを見ると、そこにはいっぱいの料理が並んでいました。
この写真には入っていませんが、チキンやらパスタなどもありました。
「ごめんね、なんか変に張り切っちゃってさ笑 ビーフシチュー好きなんだよね?」
「はい、大好きです。これ俺の為に作ってくれたんですか?」
「口に合うか分かんないけど、一応、全部私の手作りだよ」
「おおー、あれですね、マユコさんはいい奥さんになりますね?w」
「なにそれ嫌味?笑」

ごちそうを食べ、お酒を飲み、しばらく楽しみました。あまり結婚した夫婦が住んでいるという感覚はなかったのですが、ふとした瞬間、洗面所に並んだ2つの歯ブラシであったり、色の褪せた大小のクッションを見る度、その実感が肌を撫でました。

今頃、旦那さんはどんな気持ちでいるんだろう。そんなことを不意に思っていると、同じことを考えたのか、マユコさんが口を開きました。

「旦那が出張でいないって、言ったじゃない?」
「はい」
「あれね、実はウソ」
「えぇ、ウソ、ですか!?」
「うん、ウソ。ほんとは私が浮気するから、今日は帰ってくるなって、言ったの」
「じゃあ……」
「もしかしたら今この瞬間にも、旦那がドアを潜って、帰ってくるかも笑」

急激に背筋が強張りました。緊張に固くなった俺の顔を見て、マユコさんは笑いました「ないない」と、「あの人が帰ってくることは絶対にないから」、「今頃、浮気相手のところにでも行ってセックスでもしてるんじゃないかなあ」。

その時の俺は女心がよくわからなかったし、今でも全く分からないのだけれど、でもこの時のマユコさんは、「もしかしたら旦那さんに浮気とめて欲しいんじゃないかな」と、俺は勝手に思いました。思えば、チラチラとドアの方を見ている時がありましたからね。

まあ、そんな個人的な感傷は胸に留めておいたんですけど。

人妻の自宅でラブラブセックスするの怖かったけどむっちゃ興奮したわw

旦那さんが本当は出張中でない、ということを聞いて、もしかしたら近くにいるかもしれないと少し恐怖を感じた俺でしたが、その恐怖心が極上のスパイスにでもなったのか、畳の上に無造作に敷かれた布団の上でする不倫セックスは、格別なものとなりました。

棚の中に残った、中途半端な数のコンドームを、俺たちは使い切りました。どうせもう使わないからと。

何度目かのセックスの後、泥のように眠り込んだ俺が目を覚ましたのは、正午少し前のことでした。隣では、スッピンの少し間抜けな顔をしたマユコさんが寝ています。

旦那さんは、帰っていないようでした。不意にドアの方から物音がして、俺は肩を震わせました。しかしそれは誰かが帰ってきた音ではありませんでした。心臓に悪すぎて二度寝はもうできそうになかったです。

昼飯を適当に食べて、最寄り駅まで再び車で送ってもらいました。

「またいつか会えたりしますか?」
「んー、どうだろ。離婚の手続きもあるし、仕事も探さなきゃいけないからなー」
「じゃあそれが落ち着いたらまた連絡してもいいですか?」
「いいけど、エッチはナシかもよ?笑」
「それでいいですよ。またビーフシチュー食べさせてください」
「あ、そういえばあのビーフシチューね」
「はい」
「実は近所のスーパーで買ってきた、レンジでチンするだけでできるやつなんだ笑」

聞けば、昨夜のオカズは大体そんな感じに用意されたものだとか。ちょっと拍子抜けしましたが、まあ別に怒るほどのことではありません。美味しかったですしね。でもどうせなら、最後までダマして欲しかった。マユコさんは車で去っていきました。

あれから数年経った今でも、交流は続いています。しかし、会えてはいません。前職の看護師に復帰したマユコさんは、日々を忙しくしているそうです。

※今回使ったサイト→PCMAX

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事