セフレ募集が多い掲示板集めました

エッチなことしたくて、掲示板で「今すぐ会える人募集」した結果www

エッチな掲示板で募集

エッチなことがしたい。でも出会い系においてそれを直接言うのはご法度。いや、別にいいんですけど、それで女性が釣れるかといえば、絶対に釣れません。たとえばアダルト掲示板に、

「これからエッチしませんか?」

と書いても釣れるのは業者か割り切りの女ばかり…そもそもアダルト掲示板はそういった女性たちの巣窟ですからね、できるだけ近づかない方が身の為です。

では俺がどんな方法を取ったかというと、ピュア掲示板を使ってすぐに会える人を探してみました。

ピュア掲示板でもエッチなことはできますww

今回俺が利用した掲示板は、PCMAXにあるピュア掲示板。
この掲示板は文字通りアダルト厳禁な場所です。したがって、俺もそのルールを遵守して書き込みました。

「今日暇なので、良かったらランチとかしませんか!」

アダルトな匂いとか一切匂わせません。あくまで健全なお誘いです。これをいくつかの掲示板に時間をずらしながら書き込んでいって、あとは返事待ち。しばらくすると、女性から何通かメールが来ました。

エッチな掲示板

俺はその中から比較的年が近めの、27歳OLのさくらさんを選びました。彼女も休日なのに予定が無くて暇していたのだそう。掲示板はこういう「実は暇してました」タイプの女性を釣るのに最適です。

平日だったら人妻も釣れたりするのですが、あいにくその日は土日で人妻は皆無。人妻だったら即ハメ楽勝なので真っ先に選ぶのですが、残念です。

まあなにはともあれ、ランチ相手募集の投稿にメールしてきたってことは会うこと前提なのでLINE交換は余裕にできます。そうしなきゃまともに連絡取れませんからね。ん、これじゃあエッチできないじゃないかって?

これから口説くんですよww

会うまでの短時間で口説ければ最高ですが、会ってからでも十分いけます。
だって出会い系で会うってことはつまりそういうことなわけで、女性も少なからずエッチな関係になってしまうかも?という認識はしていますし、覚悟もしていたりします。

清楚系美人をエッチまで持ち込めるよう口説いてみる

待ち合わせ場所は俺が指定しました。場所は新横浜。理由はもちろん、

新横浜にはホテルがいっぱいあるからww

会う場所は相手の希望を聞きつつ、自分の都合の良い所へ誘導する。これが一番です。
近くにホテルがなかったらエッチもできませんからね。ちなみに俺は「横浜は人多いし、新横浜は?」という言い訳を使いました。

「はじめまして。急な誘いですみません」
「いえ、メールしたの私ですし。なに食べますか?」
「オムライスとかどうですか?」

はい。パイスラッシュキター!!!!!w

春先ということもあって軽やかなファッションのさくらさんでしたが、そのせいか胸の強調具合が凄いです。俗にいうパイスラッシュですね。そっちに引き寄せられる視線を無理やりにあげてご挨拶。

同年代だというのでもっと大人っぽい感じかと思ったら案に相違して幼い印象。別に身長がことさらに低いというわけでもなく、かといって童顔でもないので何だか不思議な雰囲気。

LINEのやり取りで今日は一日中空いているということは確認済みでしたので、道中にあるカラオケを示しながら「あとでカラオケとかどうですか?」と言うと、

「それならお昼もカラオケで食べます?」
「え、いいんですか?」
「私は大丈夫ですよ。カラオケのご飯って結構好きですし」

想定外の予定前倒し。今日のプランはランチからカラオケに行き、そこでどうにか頑張ってホテルへ行く予定だったのですが、これは思ったよりも早く事が進みそうです。

カラオケに入り、お昼を食べた後はカラオケ熱唱。

さくらさんが予想外に歌下手で大爆笑。おかげで気軽にボディタッチできたのでラッキーでしたけどね。ボディタッチに対してそんなに嫌なリアクションを取られなかったらもう勝利目前、そのまま勢いに任せて距離を詰めます。

掲示板で女の子とカラオケ

密室に連れ込めたら口説き言葉は必要なくて、ひたすら距離を詰めてそれっぽい雰囲気を醸し出すだけでオッケーです。キスまでが長いですけど、キスさえできたらあとはなし崩しに最後までいけます。

今回も例に漏れず、段々と雰囲気をエロくしていって、初めは軽くキスして、それからディープな方へ。胸なども愛撫しているうちに、さくらさんは吐息交じりに言いました。

「ここじゃダメ」
「じゃあ、どこならいいの?」
「えー…」

ホテル、とはさすがに言いませんでしたけど、無言になること自体がもはや答えになってます。俺たちはカラオケを辞去して、その足でホテルへ向かいました。

ピュア掲示板からその日のうちにエッチしてやったぜww

ホテルに行くまでは「ほんとに行くの?」とか「お昼食べたばっかり」とか色々言ってましたけど、いざ到着するとしおらしくなって、恥ずかしいのか顔をこころなし俯かせながらおとなしく俺の後ろをついてきました。

ホテルに入り、服を脱がすと上下が違う下着。

あ、ほんとにエッチする気なかったんだな…と思いましたね。ピュアですね。「見ないでえ」と顔を真っ赤にするさくらさんを余所に、俺はじっくり鑑賞。特にFカップはあろうかという胸を重点的に。

ほぼ何も見えないほどに暗い部屋の中でセックスをして、少し話を聞くと、なんでも今回が出会い系デビュー、つまり誰かとサイトで会ったのは今回が初めてらしいのです。これには俺も驚きましたね。

「こんなことすると思わなかったあ…」
「下着合ってなかったもんね」
「もうっ」

枕で顔をバフン。そうか、会った時に感じたあの初々しさの溢れる幼さはそこからきていたんですね。きっと緊張もしていたのでしょう。カラオケにあっさり付いてくるほど無防備でもありましたし。

カラオケ後にエッチ

出会い系で初めて会う人って、意外に貴重なんですよね。
しかし、そんな人でもこうしてエッチに持ち込むことができるという事実。下着が上下違くても、こうしてエッチできているという現実…たまりませんね!

その後、軽くシャワーを浴びたあとに2回戦をして、その日はお別れしました。
さくらさんとは今でもたまに会って食事行ってホテルに行く…というセフレに近いような関係で続いています。

もしあなたが「俺も今すぐヤリたい」と思いながらこのブログを見ているのなら、試してみるといいですよ。きっとあなたが思ってる以上に。いや…

あなたが思ってる100倍出会い系サイトは女性と出会えますから。

※今回使ったサイト→PCMAX

関連記事