セフレ募集が多い掲示板集めました

援交希望のオジサン好き女子大生を1発でセフレに!www

援交女子大生アイキャッチ

突然ですけど―、

オジサンって意外と若い子にモテるんですよ。

リアルじゃなく、出会い系の話ですけどね。
リアルでは鼻つまみもの扱いの中年男でも、ひとたび出会い系を利用すれば、若い女の子とエッチしまくれちゃいます。

こないだ知り合ったオジサン好きという女子大生なんかは、最初こそ割り切りでエッチしたものの、その日以降はタダハメさせてくれるようになったんですww

え…なんでこんなに若くてかわいい子が中年の年上オジサンなんかと?

ふつうに考えればそう思うはずです。
でも、むしろ容姿に優れた女の子の方が、そういう傾向にあると言われてるんです。
なまじ男を知っているだけに、他を味見したくなるんでしょうね。
サラちゃん(21歳)も、そんな女の子の一人でした。

親子ほど年の離れた女とのセックスはいいもんですよ。

オジサン好きの女子大生とメールしたら援交希望だった…

サラちゃんと知り合ったのはPCMAXです。
アプローチしてきたのは向こうからでした。

「年上のオジサンが好きなんです。良かったらメールしませんか?」

むむ?

ちょっと怪しいかな、と思いながらも私(41歳・独身)は鼻息荒くも返信をしてしまいました。

しばらくやりとりをしていると、こんなことを言ってきました。

「良かったら会いたいんですけど、ホ別4でどうですか?」

ほらね… 裏がある。

しかも相場よりは高めなんですけど!!

援交も何度か経験している私だけに、相場がわかってしまうのも悲しいんですけども…

迷っているところへ、サラちゃんは自分の写メを送ってきました。

女子大生自撮り

あああああ、むっちゃ可愛いなあああ……ッ!

これならホ別4も納得か…?
いや待て、早まるな!
こちとらタダハメできるかも、とワクテカしてたわけだし、ここでオッケーしちゃったら、「へっ、中年のカモが釣れたぜ」などと鼻で笑われるに決まっています。
さらに畳みかけるようにメッサージが送られてきます。

「どう?とりあえず一回会ってみない?援交ダメだったら断ってくれてもいいから!」

それならいいかも。

写メがウソでなければ、会うだけでも儲けもんですから!

一縷の希望に祈りを捧げ、私は会う約束をしたのでした。

会うだけ会ってみたら小悪魔系美女がやってきたww

約束の日―。
渋谷のモヤイ像前に佇む彼女を見た瞬間、私は祈りが通じたことに感謝しました。

お金払ってでも抱きたいレベルの美女がいるうううう!

周りの男共もナンパしたそうな目でチラチラ見てやがります。
ちょっとキツめな印象の顔に反して、服装が可愛い系なので良い感じのギャップを演出できています。

ここでふつうに声をかけたら、周りから怪しい関係に見られそうな気がしたので、仕事の取り引き先の体を装うことにしました。

「お世話になります。いつものカフェで少し打ち合わせしましょうか」
「はい?打ち合わせ?」

当然、サラちゃんは不審そうでしたが、適当なことを言って連れ出しました。
TSUTAYAと併設したスタバに入りました。

「あの…むっちゃ居心地悪いんだけど…」
「え、そう?あんまりこういうところ来ない?」
「っていうか、周りの視線が痛い」
「はは…そうかもね」
「で、考えてくれた?あのこと」

あのこと、とは当然、援交のことですね。
その時、ラインがメッセージを受信しました。
見ると、目の前のサラちゃんからでした。

「ホ別3にまけるからお願いッ!」

視線を上げると、サラちゃんが両手で可愛らしくお願いのポーズ。

なんとも手練れた価格交渉(苦笑)www

最初に相場よりも少し高めの額を提示してきたのは、この為の伏線だったんでしょう。

社会人も顔負けの営業力(苦笑)www

「もし相性が良かったら、お金なしでもいいよ」

へっ??…ほんとに?

オジサン、完全に翻弄されておりますwww

オジサン振り回して何が楽しいの?ねえ。
あ、お金がもらえるからか、なるほどー。
本当にビジネスが上手いな、最近の女の子は。
でも騙されない…オジサンは騙されない。
だって酸いも甘いも噛み分けた、中年だもの!

警戒しつつも、でへでへと鼻の下を伸ばし、私はラブホテルへの同行を決めたのでした。

そしてタダでエッチできる仲になりましたw

ドキッ!

ホテルのエレベーターで、さりげなく腕を組んでくるサラちゃん。
このあたりも、よく慣れてます。オジサンの気分を盛り上げるのが上手いですね。相当の場数を踏んできたことがうかがえます。

ホテルの部屋に入ってもなお、私の頭の中にあるのは「支払い」のこと。
ここからまた交渉がはじまるんだろうか?
問題はそこです。
そこをはっきりさせないことには動くに動けません。

アソコだって勃つに勃てません。

不安なオジサン、椅子の上でじっとしていたところへ、トイレからサラちゃんが出てきました。
そしてこっちへ来たかと思うと、

「いい?」

!!!いきなり私の膝の上に座ってきました

お尻…やらかぁぁいィ…

アソコは一瞬でフル勃起状態!!
たまらず私はサラちゃんの腰に手を回しました。
こうなってしまえば、もう抑制が効かなくなりますよね。
スカートの中に手を入れ、キスをすると、もう「支払い」のことなんか忘れてしまって、たちまち夢の世界へと連れていかれてしまいました。
夢から覚めると、満面の笑みを浮かべたサラちゃんがそこにいました。

「じゃあ、今日は3でいいよ」

僕は耳を疑いました。

「なんて?」
「3でいいよ」

3でいいよ?
3でいいよ?
3でいいよ?
3でいいよ?
3でいいよ?
3でいいよ?

結局、お金は払わされてしまいました。

3万円+ホテル代、きっちりと!

やられちゃいましたね。
今日はサラちゃんの営業テクに脱帽です。

参りました…。

オジサンが若い女の子とタダでエッチできるなんて夢のまた夢なのかなあ…なんてサラちゃんのことを思い出していたある日、LINEにメッセージが入りました。サラちゃんからでした。

くっ、中年カモ男に営業LINEか……ッ!

恐々としながら開いてみると、

LINE画像1

ハートを付けられるとときめかざるを得ない少年心をもつ中年男、それが私です。
どうせ罠だろ、罠なんだろ、とか思いながらもちょっと嬉しくなって返信してしまうのが、私なんです。

こりゃあいよいよ本格的な得意先だな…なんて自嘲しつつも、かわいいサラちゃんとエッチはしたいので、再びお金を払う覚悟を決めて会う約束をしたんです。

しかしサラちゃんとの二度目は、信じられない結果に!

支払い額…¥0

ホテル代は払いましたが、その日はエッチだけを楽しんで解散!

怖いなあ、怖いなあ、とホラー映画でも見ている気分だったのですが、それからというものサラちゃんは事あるごとに私を呼び出し、タダハメさせてくれるようになりました。

単なるリアルバイブ扱いだと思わないでもないよ…。
しかし、タダハメできるならその扱いは甘んじて受けましょう!

「だって同年代とか、まじでエッチ下手くそだからねーww」

こんなこと言われると、オジサン好きって本当だったんだなあ、としみじみ思います。

「で、援交はまだやってるの?」
「うん、適当に」

お金稼ぎと男あさりは別みたいですね。はは。

この出会い以来、不思議と私にモテ期がやってきました。
出会い系サイトでは若い子から頻繁にメールが来るようになり、みんなが口を揃えて言うのが、
「エッチだけなら年上のオジサンの方がいい」

結婚というゴールに到達できそうもないモテ期ですが、まあいいでしょう。
とうに結婚は諦めてますし、これからは若い子のリアルバイブとして生きていきます。

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事