セフレ募集が多い掲示板集めました

ホワイトデー目前、彼氏がいるのにセックスできるギャルやばすぎww

howaitode-

バレンタイン当日
特に予定があるわけでもなくだらだらと過ごしまい、そして今ホワイトデーを目前にして特に
予定なんかもあるわけなく
もう女性とは出会えない、そう諦めていたのですが……いや頑張ろう、そう決めました

出会い系利用して女性と会ってみよう!!!

好きな女性とホワイトデーを過ごせたらなあとそう思ってます。でも、バレンタインに出会いがなかったのでホワイトデーに向けて行動を起こすしかないのです。

【ホワイトデー】
それは得てして男性が女性にプレゼントをお返しをする日なのですが、お返しをくれるはずの男性がいない場合もあります。
それはバレンタインの雰囲気に流されて付き合ってはみたものの結局別れてしまうカップル、といったことが案外たくさんあります。
そんな女性を狙うw

そんなわけで3月14日
ホワイトデーまでに行動を起こしまくります!
良いホワイトデーにして俺のホワイトをプレゼントしてやりますよw

ホワイトデー前に彼氏持ちのギャルをゲット!って彼氏はいいの!?ww

複数の出会い系サイトを回して俺はきたるべきホワイトデーに向けて出会い系をフルに稼働しました。その甲斐あって、色んなサイトで、色んな女性と知り合えたのですが、会えそうのは残念ながら頑張って2人の女性でした。
ホワイトデーを目前にして出会えたのが、
ハッピーメールのモモちゃん、21歳。職業は大学生。
howaitode-
「バレンタイン以降、彼氏が忙しくて会ってくれない! 誰か構って〜」

出会い系に顔を出しちゃう彼氏持ちのギャル。もうね、これだけで最高ですよねww 浮気する気満々じゃねえかッ! って感じが。

「彼氏は仕事してるの?」
「そう! 平日だから仕方ないんだけどさー、やっぱ寂しいじゃん??」
「ホワイトデーは一人かもしれないんだ(泣) 良かったら俺と会いましょうー♪」
「いいよ〜、じゃあ明後日の午後4時に渋谷でいい〜?」

え? 案外早くにゲットしてしまったぞw
「彼氏は大丈夫なの?w」

「大丈夫!もう全然会ってないし(´;ω;`)」

寂しいギャルなんだなあ!!ww

約束は取り付けましたが、不安なのは約束の日までに俺よりも良い男が現れればそちらに乗り換えることです。それが出会い系、それが、女性です……ッ!

そうなってしまうとさすがショックなので、
出会い系活動を再スタート。
出会えた女性はギャルとはまた違う35歳専業主婦、みよねさん。

「貴方のホワイトチョコを頂戴?笑」

ドエロなこの提案に正直、心揺れましたがギャルが気になり我慢し保留ww
その後他に約束を取り付けることもできず
モモちゃんとの初顔合わせの日となりました。彼氏持ちのギャル、他に行ってないといいんだけど……。

なぜかセックスする流れに最近のギャルはわからない……

午後4時、一応ラインは繋がっているので会ってはくれるよう。

ホワイトデーというイベント間近で賑わう渋谷に、ようやくモモちゃんが現れました。第一印象は、

なんかちゃんと遊んでそうなギャルだなあww

という感じ。ミニスカートに生足。男としてはありがたいけど、ギャルは大変ですね。

「初めまして、今日はよろしくね。モモちゃん」
「あっはい、とりあえずお店に行きましょうか」

gesu

モモちゃんを連れ、人でごった返すカフェへ。今日のデートは少しぶらついてこの後少し飲みに行けたらな、ということを伝えると、

「え?」と予想外のことを訊かれたというような反応が帰ってきました。

「え、デートするの?」
「え、デートしないの? じゃあこれからなにを……?」
「普通にホテル行くんじゃないの? え、ってかそのつもりで来たんだけど?」

ありがたい、非常にありがたい話なんですけど、俺としてせっかく出会えたのだからちゃんとデートをしたい。
そしてホワイトデーにはちゃんとした恋人になりたいのだが、

しかし、案に相違してモモちゃんの対応は冷淡でした。

「だって、好きな人いるし、それに」
「それに?」
「もしかしたら……ホワイトデーまでに仲良くなるかもしれないし」
なるほど、ただ今の寂しさを紛らわすためだったのか、と理解しました。

「え、でもセックスは良いの……?」
「うん、エッチは良い。」
「お、おう」

…なんだそりゃ、最近のギャルがわからないようww
俺の良いホワイトデーはまだ先のようだ
なんだか釈然としない俺でしたが、行き先はもはやラブホテル一択。

寂しさで彼氏以外とセックスするギャル薄情すぎワロタww

デートは嫌、だけどセックスは良い。そう言い張るだけあって、彼氏持ちギャルのモモちゃんはなかなかのエロギャルでした。

ホワイトデーsex

おそらく営みとしてのセックス自体が好きなんでしょう。気持ちがなくても、そこには一定の快楽がありますからね。

でもデートは違う、感情がなければ無味乾燥になってしまう。

「セックスは本能でするものであり、デートは感情でするものだってことかな?」
「ちょっとなに言ってるか分かんない」

だからこそ、セックス終わりのモモちゃんはこんなにも冷たいんでしょう。普通、セックスしようものなら少しは情が芽生え、寂しさのあまり甘えてくるものですけど、彼女の場合はそんなの一切なし。

「あ、連絡返ってきた! ごめんもう行くね!」

彼氏からの連絡があり、喜々として彼女は速攻ホテルを出ていきました。
なんだか久し振りのセックスも
寂しい気持ちでいっぱいでした(泣)

だがしかし後日、そう言って去っていったモモちゃんから連絡がありました。
「結局、別れちゃった……よかったらホワイトデーに会えませんか?」

どうやら俺のホワイトデーははまだ終わってなかったようですw

※今回使ったサイト→ハッピーメール

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事