セフレ募集が多い掲示板集めました

出会いの夏到来!出会い系野球女子と試合観戦後にセックスしてやった!

アイキャッチ画像

猛暑が続く今日この頃。夏楽しんでますか?
街には薄着で露出の多いエロい女が溢れてますね。

若い女の子の汗ばむ肌に密接してハァハァしたい。
「でも、そんなの無理無理~!!」

なんて考えながら、ムラムラしてる貴方に朗報です。

逆に夏は女子大生と遊ぶには絶好のチャンスなんです。

ご存知でしたか?
では、参考までに俺の実体験を紹介しておきますね。

夏に出会い系登録した女の子は激アツ!w

女子大生と遊ぶなら決まってココ。
今回もPCMAXでJDを物色していると、即発見!

登録したばかりの会員に表示される若葉マーク!!
夏の時期にこれはもう手出してといってるもんですw

登録ホヤホヤのこの子にロックオン!
アニメ画像

初心者マークが表示されている女の子の特徴として
・出会い系自体が初めての子が多い
・興味津々な子が多い。
・とにかくメールへのレスポンスが良い。
・隠れMが多い(※個人的な感想ですw)

ということで、挨拶代わりにごく普通の内容でメッセージを送ってみました。

セックスの夏に出会い系で出会った女の子は、タイガース愛が溢れでるJDでしたw

あ、相手のJDの子について紹介しておきますね。

名前は「TORACO(トラコ)」ww

タイガース愛が溢れ過ぎています。ちょっとハズれな気もしますが、とりあえずLINEのID交換はしちゃいます。

ハズれても女子大生っすもん!w

LINEでのやり取りをしていると、写メもゲット~!

めちゃピチピチやないか~い!
出会い系バンザーイ!
阪神バンザーイ!

指○莉乃似のJDではありませんか!
あっ、ちなみに本名は虎子じゃなくて『萌』です。笑

line画像
ちなみに俺たちは大阪住みです。笑

やりとり初めて一週間ほどでデートが決定!!

阪神ファンで特に糸井選手が好きだという萌ちゃんとの甲子園デートは果たしてどうなるのか!そして、この虎女子と果たしてシュウはエッチが出来るんでしょうか?!(実況風ww)

試合終了後、居酒屋からのホテルへ直行w

待ち合わせの阪神甲子園駅の西口で約束の16時。
阪神ファンがごった返している中、萌ちゃんを発見!

写メとほぼ同じ、相変わらず指原莉乃に似てるw
ロリフェイスに阪神の黄色Tシャツ姿が萌えますw

「熱心な阪神ファンなんだね。」
「そうですよ~!糸井さん大好きなんです。今は骨折で離脱してますけど。」※糸井選手は7/21に怪我から復帰
「さすが詳しいね~!」
「シュウ君は誰のファンですか?」
「えっと、大谷翔平かな…汗」
「阪神違うし~ww」

こんな感じの萌ちゃんでしたが、試合が始まりだすと…

「ボールやろ!審判どこ見てんねん!」
「全然打てへんやん、しょーもな!」

おいオッサン!!笑

若干、ヒイてる俺がいるw

そして試合は 巨4-神3で阪神の敗戦。

ブツブツと言って機嫌が悪そうな萌ちゃん。
この後、鬱憤を晴らすかのごとく甲子園駅近くの居酒屋でお酒を飲むことに。俺的にはこれからが本番!!

ここから実況風はじまりますww ↓

居酒屋では下ネタも交えながら萌ちゃんに牽制球!
ホロ酔い状態軽いボディタッチも嫌がる素振りもない!

ここで思い切ってストレートを投げたぁぁ!!

「萌ちゃんは明日予定あるん!?」
「何もないですよ!」
「んじゃこの後、ホテル行かへん!?」
「いいですよ!!」

空振り三振~!!!

シュウ選手完封勝利!!www

夏の誘惑計り知れず…。
結局3回もセックスしちゃいましたww

裸画像

心臓バクバクして鼻息フンガー、フンガー状態。

ホテルの部屋に着いた時にはムラムラが最高潮だったので、ドア閉めてすぐにディープキス開始。

立ったまま服を脱がして、攻めまくっていると
「あぁやばい、気持ちいい…」
いやあ、さらにギアが入りますよね。笑

シャワーも浴びず、即挿入ですよ!!
萌ちゃんは完全受け身なので、俺が責めれば責めるだけ、良い反応をしてくれます。

何よりも萌ちゃんのミニマムな体が堪らんです。

小ぶりなおっぱいもまたエロくて、
慣れてない感じの喘ぎ声が更に興奮させる。

結局、その日は3回ヤッちゃいましたw

経験人数が俺を入れて5人というこの若さ。
出来る事なら、こんな娘と毎日エッチしたいす(*´ω`*)

もうね、断言しときます。若い子、特にJDと遊びたいなら下手にSNSとかアプリなんか使わずに出会い系サイトを使った方がいいです。

女性雑誌に広告が掲載されている=JDの登録数が多い
この公式、頭に入れておいてください。

参考までに今回俺が使用したサイトを置いときます!

※今回使ったサイト→PCMAX

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事