セフレ募集が多い掲示板集めました

深夜に出会い系で見かけたギャルと居酒屋で飲みからの?

kloop

深夜の出会い系は刺激的な。俺は深夜専門と名乗っていいほど、深夜にしか出会い系を使いません。

・勤務時間が不規則な看護師
・セックスの気持ち良さに目覚めた変態女子大学生

この全員とセックスしましたし、他にも同じように深夜帯に知り合った女性はたくさんいます。

つい先日、またこの深夜帯での新たな女性との出会いについての体験談です。

「今から会えない?」

深夜0時前、アキノちゃんから突然こんなメールが届きました。

深夜の出会い系にログインしたら突然ギャルからメールが届いて……

専門学校に通う20歳のギャル。ワクワクメールのプロフから分かった情報はこの程度のものでした。

「今から? 電車もないし、車もないけど?」

アキノちゃんから返信。

「えっと、○○区だよね? 最寄りは?」
「○○駅だけど。近くにいるの?」
「うん、隣の隣の駅にいる。ごめ、ラインしない? 急いでるの」

やや警戒しながらラインに移行。

oui

青ざめた顔でカシスオレンジとお通しをちびちび口に運んでいるギャルの姿を想像して、俺はちょっと笑いましたw 可哀想っちゃ可哀想だけど、傍から見ればなんとなく可愛いw

koji

ひとまず行くだけ行ってみようかな。どうせ明日は休みだし、時間はある。それを犯罪者スレスレのクレーマーギャルに伝えると、

「ありがとう大好き! ほんとに来てくれたら何でもいうこと聞いてあげる!」

先程までの態度はどこへやら、コロッと手の平返し。これで可愛くなかったら最悪だなあ。俺は家を出ました。

居酒屋で合流したギャルが何でもしてくれる言ったのでラブホテルへww

教えて居酒屋にタクシーで行ってみると、確かに店の隅の方で小さくなりながらスマホをいじっているギャルが1人だけいました。

店員に待ち合わせである旨を伝え、彼女の元へと歩み寄ると、それに気付いたアキノちゃんがパッと顔を上げました。次の瞬間、今にも泣きそうな表情を浮かべる。

「助かったあ……」

yoltupara
俺も軽くお酒を飲み、「思ったんだけどさ」と俺は聞きました。

「友達に連絡するっていう方が確実だったんじゃないの?」
「あたしの地元こっちじゃないから友達とかほとんどいなくてさ。」

なるほど。

「ここらへんに住んでるの? 一人暮らし?」
「そそ、一人暮らし。あ、今からお邪魔していい? ってのはなしね?」
「んー、じゃあこれからラブホに行って朝までセックス、とかは?w」

ある程度はその答えを予期していたのか、特に慌てる様子もなく「あ、やっぱりそっち?」とアキノちゃんは苦笑しました。

席に座り、コホンと1つ咳払い。そして恥ずかしそうにギャルは言いました。

「今日の下着、むちゃダサな上に上下別々なんだけどそういうの気にしない人?」

気にしない。俺は即答して、速攻でギャルとホテルへと向かいました。

出会い系のギャルとはセフレ関係を継続中ですww

確かにむちゃダサだった。20歳のギャルにあるまじきババっぽさ。

「だって今日、誰かに下着見せると思わなかったんだもん!」

なるほどごもっともである。俺も今日、しかも深夜帯になってギャルの裸を拝めるとは想像もしていなかった。

後日、「警察いったら財布あったよ!」と喜びのラインを寄越したアキノちゃんと再び会い、居酒屋で軽くおごってもらった後で2度目のセックスをしました。

その後も折を見ては会い、セックスをしています。要はセフレ関係ですねw
深夜の出会い系は面白いですよ。より不健全な匂いが充満していますからね。ギャルがいるし人妻もいる。仕事のストレスを溜め込んだ社会人もわんさか。出会い系を使ってセフレが欲しいなら、やはり深夜は外せません。
※今回使ったサイト→ワクワクメール

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事