セフレ募集が多い掲示板集めました

寂しがりなシングルマザーをラブホのベッドで慰めてあげましたww

寂しがり屋なシンママ

出会い系サイトのイククルで、寂しがり屋のシングルマザーをゲットしたのでご報告します! 年齢は34歳で、仕事はデパート勤務。名前はユミコさん。

連絡もよくとりこれはもう完全に頂いたでしょww と思っていたら……、

「あのね、わたし本当はソフレが欲しいんだ」
「ソフレ? って、なに?」
「添い寝フレンドの略だよ! エッチはしないの笑」
「あー、セフレの仲間みたいな感じか!w」
「そうそう! ほらわたし寂しがりやでしょ? 誰か隣で寝てくれたらなあって……」

内心、「いや、なんだよそれ」て思いましたよ、当然。

ここでテンションを落とし、少しでも不満そうな態度を見せれば、彼女は、体目当てと察してもう会うことも叶わないでしょう。

そんな中俺だけは、それまでのテンションを保っていました。それには理由があったのです。

直前までオナニーをしていたという大きな大きな理由が……ッ!ww

はいそこ、笑わない。出会い系をやる上でオナニーって重要なんですよ。主に性欲のコントロール方法として。いつも性欲満タンじゃ、釣れるものも釣れないですよ。

出会い系はオナニー後の方が確率がアップする!?その理由とは……

性欲を溜めすぎると、「とにかくセックスがしたい」という思考が頭の中を埋め尽くし、正常な状況判断ができなくなります。がっついて雑に女性に接し、女性もそれを敏感に察し、結果「この人ただの下半身直結男だ」となり、あらゆる申し出を断られることになります。(俺調べ)

オナって大人の男の対応が自然にできるようになり、女性もこの人なら信頼できると心を開いてくれます。実際、俺もオナニーをして菩薩になり替わることにしています。bosatugaooo

ソフレ希望の寂しがりシングルマザーと何もしない約束でラブホテルへ……

ソフレほぼ唯一の希望はラブホテルが前提であること。添い寝はベッドがなければできませんからね。

「何もしないでね? 添い寝だからね? 変な事したらすぐに警察呼ぶから」

会う前日に、そう念を押されて当日。

渋谷マークシティのチェルシーカフェ前で立っていると、小柄な体躯に、少し童顔な容姿で綺麗なシングルマザーさんのユミコさんが現れました。

「なんか、初対面の人と添い寝しにホテル行くって変な感じだね笑」
「俺も初めてですよ。ソフレって言葉も、ユミコさんにいわれまで知らなかったし」
「そうなの? 今はハフレってのもあるらしいよ?」
「ハフレ? ハ、ハ、歯茎フレンドの略……?」
「なにそれ笑。ハグフレンドの略。ハグだけする友達のことだよ」

色んなフレンドがいるもんだ。
しまいには『ジャイフレ』なんかも出てきそうだな。
(説明しよう!ジャイフレとは劇場版などの自分の都合のいい時だけ心の友と言ってくる奴のことである。)

ラブホで添い寝してたら案の定セックスに発展したので慰めてあげましたww

添い寝スタート。とはいうものの、何をどうすれば良いのか全く分からない為とりあえず、腕枕することになりました。

いつの間にか寝ていたのかチュッ、チュッ、という音で目を覚ましました。そこには俺の全身に口づけをするユミコさんがいました。

「あの、なにしてるんですか?」
「なんか、隣に男の人がいるのって久し振りで。無性にしたくなってきちゃって笑」
「したくなってって、エッチですか?」
「うん、エッチ♪ だから、しよ? エッチ」

時間はたっぷりあるし、という彼女の言葉通り、時計を見ると、フリータイムが終わるまであと3時間ほどの猶予がありました。

寂しがり屋なシンママ

エッチしようと言われれば、それはもう喜んで、ということで、全力でしました。オナニーを我慢していた甲斐がありますね。寂しがりやのシングルマザーは密着するのが好きらしくて、ずっと抱き合ったままセックスしていました。usirobosatu

ホテルを出る間際、

「これは、俺はどっちなの? ソフレ? それともセフレ?w」
「エッチしたからセフレかな!エッチした後添い寝すればソフレにもなるし、だからこれからもよろしくね♪」

寂しがりなシングルマザーがセフレになりましたとさww※今回使ったサイト→イククル

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事