セフレ募集が多い掲示板集めました

梅雨の出会い系は一人暮らしの女性とセックスしまくれるってマジ?

dsfg

暑いし、ジメジメするし、服も濡れる。

デメリットばかりの梅雨ですが、そんなデメリットが生きる場所があるのです。

梅雨の出会い系は一人暮らしの女性とセックス

梅雨の時期にこそ出会い系をやるべき!
キャバ嬢とのセックス&ハメ撮り体験談と共にお伝えします。

梅雨の出会い系には外出したがらない女子が溢れまくる!

なぜ梅雨の出会い系では一人暮らしの女性とセックスしまくれるのか? 理由は簡単です。

誰も外出したがらないから!ww

どんなに暇でも、どんなにセックスしたくても、窓の外でシトシト降り続ける雨を見れば気力は激萎え。
しかし部屋に1人でいることを苦痛に思う女性も多い。そんな女性はSNSと同じような感覚で出会い系にログインし、適当な話し相手を求めます。

その結果……、

guy

交渉成立、であります!w

出会い系で梅雨が大嫌いな一人暮らしのキャバ嬢をゲット!w

上のLINE相手はPCMAXでゲットした23歳のキャバ嬢。名前はアユミちゃん。彼女は根っからの雨嫌いで、昼過ぎに起きて窓の外に降る雨を見た瞬間、

「あ、今日は引きこもろう」

と思ったのだそうw

「仕事もないしー、化粧するのもだるいし」
「じゃあ出会い系はただの暇つぶし?」
「そう、雨はちょっとねー」
「雨なら外出はしたくないよねー」

天気が悪いと出会い系の人口は増えます。
なのであえてそこを狙って一気にLINEをゲットしたりもできます。皆さんも参考にしてくださいw

ちなみにこのキャバ嬢の他には、

・雨が降っているから自主休講した女子大生(20歳)
・夜のバイトまで暇しているフリーター(25歳)

二人はその日の内に会うのは無理そうだったのでキープ、後日会えばいいんですから。
さてキャバ嬢ですけど、話している内に「お腹が空いた」と言い出しまして、

「近くにコンビニとかないの?」
「あるけど無理、濡れるのヤダ」
「むっちゃワガママ!w」
「ねー暇、何か面白いことやってムービーで送ってー」

くそワガママなキャバ嬢ですが、この話の流れで上のLINEに繋がったわけです。

タピオカミルクティーを持っていざキャバ嬢の自宅へ……ッ!

sd;p
アユミちゃんの指定した店は雨にも関わらず結構な人が並んでいる。とりあえず買って、キャバ嬢の家へと向かいました。

移動時間:1時間20分

クソかよ!ww

一人暮らし、しかも現役キャバ嬢の家はそれにしたって遠い。
夕方過ぎ。
駅に着き、送ってもらった住所をスマホに入力し、ようやくアユミちゃんの住むマンションに到着しました。

部屋のインターホンを押すと、「はいはーい」という声と共にギャルが薄くメイクしたような女の子がいました。
「スッピンで出てくるかと思った!w」
「いやー見られる商売でそれはないかな。腐っても女だし」

まあそれでも髪は割とボサボサ、乱雑な部屋でも女子特有の甘い匂いが広がっていて鼻を膨らませながらタピオカミルクティーを渡す。

「おーまじで行ってくれたんだ。超絶優しいじゃん」
「そっちが行けって言ったんじゃんw」
「だったねー。あ、ピザいっしょに食べようよ」

で、ピザを注文。
sdf
「よく部屋の住所教えてくれたねw」
「タピオカ買いに行ってくれたし信用できるかなーって」

みんな、タピオカ買いに行ったらキャバ嬢から信用されるよ!w

キャバ嬢の部屋でお泊りセックスを堪能しましたww

冷蔵庫にはビールがぎっしり入っていて、キンキンに冷えたビールを飲みましたw
ほろ酔い気分でアユミちゃんが小さく欠伸をする。

「最近セックスしたー?」
「してない。もう半年くらいしてない」
「それはヤバいね。そのうち爆発じゃん」
「しちゃうねーw どこかに処理班いないかなー」
「オナニーの手伝いくらいならいいけど笑」

オナニーの手伝い=手コキ。
その流れでパンツを脱ぐと、アユミちゃんはアソコをひんやりとした小さな手でシコシコし始めました。

「口でもしてあげよっか?笑」

ニヤニヤしながら言ったアユミちゃんが、俺の答えを待たずに棒を口に咥える。俺はそれを眺めながら、彼女の少し控えめな胸をいじり始めました。

「オナニーの手伝いだけって言ったー」
「じゃあお互いの身体使ってオナニーしようw」

結局オナニーどころの話ではなくなり、

wer

がっつり朝までお泊りセックスww
しかも翌日も雨で寝起きセックスもしましたw

「夜まで暇だからいっしょにいてよー」

梅雨の出会い系はやはり最高だと実感した今日この頃でしたwww

※今回使ったサイト→PCMAX(R18)

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事