セフレ募集が多い掲示板集めました

ワンナイトラブの相手は彼氏持ちの女子大生!若い女性は簡単にヤレる

wakuwakumail sex

ワンナイトラブはイケメンの特権。

顔が良いから女性が寄ってくるし、顔が良いから簡単に口説けるし、顔が良いから一夜限りの関係でも許される。

そう思っていた時代が、
僕にもありました

今やワンナイトラブはあらゆる男性に許された至高の所業。ワンナイトラブに憧れつつも26年間まったく成果のなかったこの僕でさえ、

彼氏持ちの女子大生と一夜限りのセックスを堪能することができました。

そう、出会い系サイトを使えば。

恋愛? 結婚?
そんなもの微塵も考えずに、ただセックスの快楽のみを追及すれば良いんですよ。

これを読めばあなたもきっとワンナイトラブができるはずです。

なぜワクワクメールはワンナイトラブに適しているのか

僕がワンナイトラブの相手を見つけることができたのはワクワクメールという出会い系サイトでした。

このサイト、他の出会い系に比べてワンナイトラブの相手が見つかりやすい。というのも、ワクワクメールはこのように、

onesexTwitterに似た「つぶやき」という機能があるなどSNS的な色が強く、実に自然に女性と仲良くなることができます。

なぜこれがワンナイトラブに繋がりやすいのか。その理由はこちら。

相手が何を求めているのかが分かりやすい

SNSは鏡のようなもの、気軽なつぶやき一つにしてもそこにはその人の人となりや現状が現れます。例えば、

「はあ。。。」

という呟きを残す女性がいる。
これは「構って欲しい」という合図。
ここでいち早く反応できれば、後はもうお分かりですよね。

また、ワクワクには若い女性ユーザーが多い。
最近の女の子はネットでの出会いに慣れており、少しでも仲良くなれば会いやすい傾向にあります。

SNS味が強いからこそ、
ワンナイトラブへと至れる相手が見つかりやすい。

それがワクワクメールという出会い系サイトの最大の強みと言えます。

実際にワンナイトラブをした人の口コミまとめ

出会い系でワンナイトラブを楽しんでいる方の口コミを集めてみたのでその一部をご紹介します。

onenightsex

onenightsexreview

実際ワンナイトラブを経験してみて分かったのですが、

女性も意外とセックスを求めている

理由は人それぞれ違いますけど、性欲に関して言えば男性と同じ。むしろ風俗などがない分、欲求が高まりやすいとさえ言えます。

あとは女性の方が感情的にセンシティブな分、
精神的な欠落を身体で、
つまりセックスで埋めようとする傾向が強く、それが結果的に
ワンナイトラブに繋がっていると考えられます。

どちらにせよワンナイトラブを楽しんでいる男性、そして女性は大勢いる。そしてその多くが、出会い系サイトで出会っているという事実があるのです。

ワンナイト狙いでゲットしたのは彼氏持ちの真面目系女子大生

上の例え話で紹介した「はあ。。。」という呟きは、実は今回出会ったワンナイトラブの相手、21歳の女子大生、まこちゃんが実際にサイトに投稿したものでした。

「なにか嫌なことでもあった?」

無料でできるつぶやきへのコメントを送ると、すぐに返信が。

「なんか彼氏と上手くいかなくて」
「良かったら話聞くよ」
「ただの愚痴ですよ?」
「いいよ、ここじゃ見られるからラインしようか!」

メールでIDを送り、首尾よくラインを交換。
ここまでの費用まさかの50円。
なんというコスパの良さ。

出会い系においてセックスしやすい女性には大きく分けて3つの特徴があります。

・プロフに彼氏がいない、別れたばかりなどと書いている
・恋人やパートナーに不満があることを匂わせている
・掲示板への投稿やつぶやきが多い

上でも言及しましたが、SNSは鏡のようなもの、言動のひとつひとつに女性の心理が表れます。

例えば「彼氏がいない」と書いてあれば、それは「今はフリーだから遊びたい」ということですし、不満の吐露は「誰でも良いから話を聞いてほしい」という寂しさを表現したもの、
呟きなどが多いのは「構って」という心理の具現化と言えます。

プロフィールに何を書くかはそれぞれの自由。上記のような内容を書かない選択肢だって存在します。にも関わらず恋人の有無や不満を情報として盛り込むのは、無意識にしろ意識的にしろ、裏の意図があるから。

女性の言動には必ず何かしらの意図が隠れている

それにさえ気付ければ、後はその意図に沿ったコミュニケーションを取るだけ。ワンナイトラブも近い。

僕はとにかくまこちゃんの話を聞きました。
既に彼氏との関係に関する悩みだと分かっているので、それをしっかりと聞く。

「彼氏が同い年なんですけど、なんか就職はいいかなとか言ってて」
「なにか家業を継ぐとか?」
「そういうわけじゃなくて、もっと色んなことがしたい、とか」
「なるほど、それは確かに困っちゃうね」

初めは文章でのやり取りでしたが、やがてまどろっこしくなって通話に変えました。しかしこれが功を奏する結果になる。

電話は互いの時間を削る行為です。
けれどその分、短時間で多くの情報をやり取りでき、またお互いの声を耳にしている分、安心感もある。1時間も経つ頃には、僕たちは会う約束を交わしていました。

「ありがとうございます。相談できる大人の人ってなかなかいなくて」
「家族には言いにくいもんね」
「はい。じゃあ会うの楽しみにしてますね」

別にセックスの話はしていません。
でも予感がありました。
ワンナイトラブができる予感。
その予感が現実のものとなったのは、それから1週間ほど経ってからのことでした。

ポイントは共感上手!女子大生とワンナイトラブに大成功

僕はまこちゃんの彼氏の生き方も良いと思う。
大学を卒業してすぐ会社員になったから分かりますけど、世間はあまりに狭く、世界はあまりに広い。
もっと色んなことを経験してからでも遅くはなかったのかなと、
今更ながらに考えたりもします。

でもその考えをまこちゃんの前では出さない。むしろ逆のことばかりを意識的に口にする。なぜか。

「共感」は女性に対する最大最強の武器だから

kyoukan

人は自分と似ている相手に好意を抱くようにできています。心理学的にはこれを
「類似性の法則」
と呼ぶのですが、共感する行為はその法則に則ったもの。

同調する度、共感する度、女性の中での評価が急上昇していく。そりゃそうです、
自分の言うこと全てに賛同してくれるのですから。
味方になってくれるのですから。やがて相手の女性はこう思うでしょう。

「この人とは凄い価値観が合う」

価値観なんてものはいくらでも偽れます。長期間なら難しいかもしれませんが、ほんの短時間なら。
自分を偽るだけでセックスできるのなら、安いものだと思いませんか?

とまあそんなわけで、少し地味だけど可愛い、真面目な女子大生の話にことごとく共感した僕に、やがて彼女は言いました。

「やっぱり大人の人ってちゃんとしてますよね」

心理的な距離はそのまま物質的な距離へと反映される。要するに、
心理的に近づけば近づくほど、
セックスにも近づくということ。

実際、店を出て手を繋いでもまこちゃんは嫌がりませんでしたし、ホテルへ入る時にも、

「でも……」

の一言を発するだけで、少し強めに手を引けば、あっさりと連れ込まれてくれました。

wakuwakusex

割とあっさりできて拍子抜けでした、ワンナイトラブ。でもこういったことは往々にありますよね。勝手にハードルあげて、自分にはできないって思い込んでること。

ワンナイトラブは望めば誰にでもできる

ワンナイトラブは、もはやイケメンの特権ではないのです。

ワクワクメールでワンナイトラブを楽しもう!

ワクワクメールはワンナイトラブの相手が見つけやすい。
出会い系とSNSの中間的なポジションにあるからか
気軽に遊べる異性を求める女性が大勢います。

ワンナイトラブに必要なのは顔ではない。セックステクニックでもない。
ましてや話術でも、ファッションセンスでも、お金でもありません。

意図を見抜き、
共感し、同調する。

僕にもできた。次はあなたの番です。
※今回使ったサイト→ワクワクメール

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事