セフレ募集が多い掲示板集めました

三十路でモテない俺が彼女ほしくて出会い系を使ってみた結果…

三十路でモテない俺が

誰とも付き合ったことがないわけではなく、童貞でもありません。
でもやっぱりモテないという事実に変わりはなく、三十路を迎えるまでのここ数年は彼女どころか、ろくに浮いた話もありませんでした。

社会人になると意外に出会いの場は少なく、交友関係を広めるためには自発的な行動が必要となりました。元よりあまり行動的でない俺は、その自発的な行動とやらができないでいました。しかし彼女が欲しいという想いは日に日に強くなるばかりで、ある時俺は一大決心をしました。

出会い系に登録しよう。

なぜ出会い系なのか。まず1つ目の理由にはその匿名性により、顔を合わせずとも仲良くなれるという点が挙げられ、2つ目には婚活サイトよりも本気度がいくらか低く、友達からの付き合いが可能というメリットがあります。

ネットからの出会いにはいささか抵抗感もありますが、背に腹は代えられません。こうして俺の彼女探しの日々は始まりました。

出会い系で真面目な出会いを求めることはできるのか?

俺が登録したのはPCMAXという老舗の出会い系サイトなのですが、そんなところで真面目な出会いを探せるのかという疑問は俺も持っていました。

PCMAX

しかし、サイト内を一通り巡回してみたところ、意外に真面目というか、アダルトな目的で利用している女性は少ないように思われましたね。まあ表面的な部分は、ということですが。

けれども彼氏を募集している女性が多いかといえば決してそうではありません。
どちらかというと普段遊べる友達、あるいはメル友などを探している人が多い印象ですね。

考えてみればこれは当たり前のことです。
いきなり恋人募集なんて呼びかけても、誰も引っかかりませんし、そもそも知り合いというステップを飛ばして恋人になるというのも変な話ですよね。

そんなわけで俺はここでなら彼女を作ることができると判断し、プロフ作成から始め、そして気になった女性にメールを送り始めました。

三十路の俺でも、出会い系で年下の女の子と出会えた

メールの返信率は可もなく不可もなくといったところで、数通に1通帰ってくれば良いかなという程度。絶対に彼女を作らなければいけないというわけでもありませんので、俺は焦らずに良いなと思った女性にだけメールを送り続けました。

三十路が年下女の子と

そして俺は彼女に出会いました。大学院に通っているという24歳のやよいちゃん。
出会い系を始めて数週間が経った頃のことで、俺はもうある程度出会い系を使い慣れていましたが、彼女はまだ登録したばかりで色々と不便を感じていたそうです。

特に辟易していたのが、男から送られてくる大量のメール。そのほとんどがエッチ目的かそれに準ずるもので、そんな中で見つけた俺からの普通のメールは、なんだかほっとするものだったと、後に彼女は語りました。

「ここ、やめようと思います」
「え、なんで。昨日始めたばかりなのに」
「毎日メールがしつこくて。」
「それで、良かったらなんですけど、LINEとかできませんか?」

特段俺が何をしたということはなく、したことといえばただ普通にメールをする。たったそれだけ。でもたったそれだけのことが、出会い系においては誰かと差別化を図れる手段だったのかもしれません。

もちろん俺はLINE交換の申し出を快諾し、やり取りが始まりました。やよいちゃんが出会い系を始めたのは、ほんの息抜きのつもりだったそうです。会うとか会わないとか、そういうのを抜きにして。

俺は彼女のその意思を尊重しようと、そう思いました。自分から会おうとは決して言うまい。もちろん会いたい気持ちもありましたが、それは同時に恐怖の感情を伴うものとなりました。

かたやモテない三十路男、かたや女子大学院生。

この構図を見ただけでもどれだけ俺たち2人が不釣り合いな人間なのかが分かります。
しかし、ある時転機が訪れました。それはやり取りを始めてからちょうど1ヶ月ほど経った頃、彼女が急に「会ってみたい」と言いました。

「どうしたの?なにかあった?」
「今日、彼氏と別れてきた」
「話くらいなら電話で聞くけど」
「会って話がしてみたいです」

彼氏がいるという話など今まで聞いたこともなかったゆえ、俺はかなり動揺しました。動揺して、落胆しました。しかし俺はその心の揺れを無理やり抑え、今会ってもしょうがないと諭しました。

今会えばきっと、この関係はダメになる。

俺にはその確信がありました。きっと流れに乗って、どこまでも落ちていってしまうという確信が。彼女は俺の説得に最後は納得してくれ、その日、俺たちは初めてお互いの声を聴きました。

出会い系で彼女を作ることは、三十路でもできる

それからどれくらいの月日が流れたでしょうか。

おそらく数ヶ月ほど、いえもっと短かったかもしれません。でも俺にとってその期間は、気が遠くなるくらい長いものでした。

一度会う機会を逃すと、その後も何かにつけまだ会わない方がいいという考えが付きまとってしまうようで、俺はすっかり及び腰になってしまっていました。

やよいちゃんは失恋のショックから上手く立ち直れたようで、言葉の端々にも快活な響きが戻ってきました。そのことは喜ばしく、そんな彼女の声を聞くたび幸せな気持ちになるのですが、同時に胸に痛みが走ります。

そんなある日のことでした。

休日の昼間、俺が惰眠を貪っていると枕元に置いたスマホが振動し始めました。無視を決め込む俺でしたが、振動音は長く、やっとこれは電話だと気づくことができました。

寝ぼけ眼で画面を見ると、やよいちゃんからの着信でした。彼女から電話がかかってくるのは珍しい、というか初めてのこと。何か嫌な予感がする。俺は慌てて電話に出ました。

「もしもし。どうしたの?」
「あ、えっと、もしもし、えっと、あの、実は」
「どうしたの、落ち着いて」
「あの、実はちょっと大変なことになっちゃって、このままだと」

ひどく要領を得ない言葉の数々。彼女の焦りが耳を通して俺にも伝わってきます。
とにかく、何かしらのトラブルに巻き込まれたことは確からしい。俺は居場所を聞き出して、すぐさま家を飛び出しました。

こんな時、自分の車がないのが恨めしい。なんて泣き言を言っている暇はなく、俺はすぐさま駅に向かい、電車に飛び乗りました。

目的地は横浜。電車で1時間ほど。ひどくもどかしい。焦らすように左右に開くドアに身体を押し込むようにして、俺は横浜駅に降りました。

激しく脈打つ心の臓に鞭打ちながら、俺は彼女の待つ場所へと急行しました。そうして辿りついた場所には、少し困ったような、それでいて申し訳なさそうな顔をした女性が1人、ぽつねんと立っていました。

「やよいちゃん?」
「あ、はい。えっと」
「良かった。大丈夫?」
「あ、はい、大丈夫です。あの、すみません。」

俺はその謝罪の意味が分からず、上がる息を必死に整えながら、なにが、と問いました。彼女は心底申し訳なさそうに事の真意を話し始めました。

要は狂言、だったようです。

実際にはやよいちゃんの身に何が起こったわけでもなく、ただそれっぽく彼女が受話器の向こうで演じていただけのこと。俺は思わずその場にうずくまり、大きく息を吐き出しました。怒りより、呆れより、安堵の気持ちの方が大きかった。

普通の誘い方じゃ会ってくれないから。

彼女は言いました。すみません、でも、嬉しかったです。

続けて言って、彼女は笑いました。これは俺のせいですね。誰を責めるでもなく、俺は俺自身を責めなければいけません。彼女が謝る必要はなく、謝らなければいけないのはむしろ俺の方。

「それにしても、演技上手かったね」
「こう見えて高校大学と演劇やってましたから」
「なるほど」

それは知らなかった。きっとこれから、彼女についてもっと多くのことを知ることになるのでしょう。

まだ彼女とは会ったばかりで、話すべきことはたくさんあります。しかしとりあえず今のところは、寝癖を直したい。そう言うと、彼女は明るく笑いました。

これもまた、やよいちゃんについて初めて知ったことの1つ。彼女の笑顔はとにかく可愛らしい。

※今回使ったサイト→PCMAX

関連記事