セフレ募集が多い掲示板集めました

【出会い系】黒髪美人の人妻から「今晩抱いてくれませんか?」とメッセージが来たんだが…

gihuto

男は年を追うごとに性欲が減退していくと言いますが、俺はどうやら違うようです。

41歳
中年の歳になっても衰えぬセックスへの欲求。

「もうあなたとのセックスには付いていけない」そう言われて離婚を切り出されたのは、世広しと言えども俺くらいではないでしょうか。

セックスがしたい。
ただそれだけを願って出会い系サイトYYCの利用を始めたものの、てんで相手にされず、ネットに転がるエロ体験談を眺めては自分を慰める日々が続きました。

しかし、そんなある日、出会い系の人妻からこんなメッセージが届きました。

「今晩抱いてくれませんか?」

これは、性欲強めな俺が、出会い系で知り合った黒髪美人の人妻と行きずりのセックスをした体験談です。

とある人妻からメッセージが……

uroro

彼女の名前ナナさん。31歳、人妻の彼女からメールが届いたのは、午後9時を回った頃でした。

こんな時間に今から?
人妻が?

さすがの俺も怪しいと思いました。けれど、直前まで出会い系の人妻セックス体験談を見ていたからでしょう、昂ぶる情動に突き動かされるかのように、俺は彼女にメールを返しました。

「今からセックスするんですか? 旦那さんは?」
「会えますか? 会えませんか?」
「会えるといえば会えますけど……」
「良かったら新宿で合流しましょう」

彼女のメールは一方的でした。会話もチグハグ。

この時点で「業者」の可能性を疑うには、その時の俺はまだ出会い系に慣れていませんでした。

今であれば、出会い系の利用に慣れ、相手が素人かどうか判別できるようになった、俺は人妻の彼女を放っておいたかもしれない。どうせ業者だと。

「人妻とセックスができるのなら——」

新宿まで行くのも苦ではない。

これもまた一種のビギナーズラックと言うのでしょう

原因は旦那とのケンカ

夜の新宿に到着し、メールを送る。
「西口のスタバにいるから来て」
「奥の方で長い黒髪の女性がいるから、それが私です」

sutaba

店に入り、奥へ歩を進める。確かに黒髪の女性がひとり、飲み物を片手に持ちながらスマホをいじっていました。

「あの、ナナさんですか?」

「……あ、はい、ナナです。YYCの」

顔を上げた人妻の彼女は、世間一般から見て美人でした。黒髪がよく似合う、少しエキゾチックな人妻。

彼女は初対面でも分かるほど、眼が腫れていました。

「嬉しい、来てくれて。出会い系って本当に出会えるのね」

「はぁ、」

カウンターでコーヒーを注文し、俺は席に戻り聞いてみる。

「あの、今晩抱いてくれませんかってどういう意味ですか?」

「そのままの意味ですよ。エッチしましょうってこと」
「人妻ですよね? 旦那さんはいいんですか?」
「……家出してきちゃったの」
「え?」
「旦那とケンカして家出。だからいいの、今日は」

今日だけは、と小さく続ける。

こんな自暴自棄な人妻とヤケクソのセックスをするの少しためらわれましたが、

眼の前に転がる美味しいエサをみすみす見逃すほど
俺の性欲はおとなしくない!!

美人でそして何より人妻という属性が、先程から俺のオチンコアンテナにビンビンときている。

「正直な話、むちゃくちゃ性欲溜まってるのでそれでもいいですか?」
「逆にありがたいです。旦那とはレスでもあるので」

俺たちはスタバを出て、ホテルに向かいました。

黒髪美人の人妻と濃厚セックスを堪能

ホテルに入る頃には、時刻はもう午後11時を回っていました。少しくつろいでいると、どこからか振動音が聞こえました。

「……旦那からだ」
「出なくていいの?」
「……ふふ、これから初めて会った男とセックスするの、とでも言ってみる?」
「それは、まあご自由に」
「冗談よ」

そう言って彼女は、未だ震え続けるスマホをベッドに放り投げた。

黒髪の人妻はスマホの振動音が止むと、まるでそれを合図とするかのように、セックスを始めるのでした。

kuroro

感情の昂ぶりはそのままセックスに反映される。人妻という重圧からひと時の解放、一度セックスが始まれば、彼女は黒髪を振り乱し、高い声を上げ続けました。

ホテルに備え付けてあったゴムが途中でなくなる。

「大丈夫、生でしましょ。どうせ子供なんてできやしないんだから」

家庭の不和の源泉を、俺は垣間見た気がしました。無言で頷き、生のアソコを挿しいれ、そして中に出しました。

いくらセックスしても尽きることのない性欲は、朝になってようやく一旦の終焉を迎えました。

「あー、とりあえず家に帰らなきゃ」
「大丈夫?」
「うん、多分。離婚することにはならないだろうから」
「セックスしたくなったらまた呼んで」
「あはは、ありがとう。でももう、それはないかな」

その言葉通り、黒髪の人妻とのセックスは一夜の夢と化しました。出会い系サイトから忽然と姿を消した彼女を探すのはもはや不可能となってしまいました。

以上、性欲強めの俺が、出会い系で知り合った黒髪美人の人妻と行きずりの

セックスをした体験談でした。

※今回使ったサイト→YYC

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事