セフレ募集が多い掲示板集めました

出会い系で近所のギャルとセックスしたら自宅を友達とのヤリ部屋にされたwww

ギャル宅ハメ

近所のギャルと仲良くなったらヤリ部屋にされちゃった! みたいなAVがね、世の中にはあるんですよ。ギャル

でもこれってフィクションじゃないですか。映画と同じ。現実には起こりっこない。しかし先日……、

このAVみたいな現象が一人暮らしの我が家で起きてしまいました!w

出会い系サイトで知り合ったギャルがまさかの近所で、セフレになれただけでも感涙ものなのに、その後あれよあれよという間にギャルの溜まり場にされて、今やオナニーいらずの生活に!w

ギャル好きの男性必見!

出会い系で近所のギャルと仲良くなったら自宅を友達との溜まり場にされた体験談をお伝えします!w

出会い系でゲットした近所のギャルと深夜に速攻会うことにww

近所の女の子と出会いたいならワクワクメールがオススメです。SNS寄りのシステムでギャルに人気があり、会員数も多い。出会い系探し方

その上、このように区町村まで検索範囲を絞り込むことができるので、近所の人を見つけやすい! 俺(30代前半)も深夜に誰かいないかなあ、と近所も近所に範囲を絞り込んで、19歳のギャル、あやかちゃんと知り合いました。

「近所に住んでるっぽいのでメールしてみました! ちなみに○○辺りに住んでますw」

ファーストメールにこんなことを書いて送ると、ちょうどログイン中だったんでしょうね、速攻で返信が届きました。

「マジ? そこ歩きでいけるんだけど!笑 むっちゃ近所じゃん!」
「そうなんだ!? 暇してるならちょっと会ってみる?w」
「暇だし別にいいけど、すっぴんでもいい?」

マジでか!w

まさか会えるとは思ってなかったので、完全に気を抜いていました。急いで着替えて家を出る。午前1時過ぎ、ちょうど中間地点にあるコンビニであやかちゃんと合流しました。ギャル格好

こんな感じのだぼだぼスウェットを着て現れたギャルのあやかちゃん。顔は確かに薄味で、でも10代の幼さがあって非常に可愛らしい。

「やばあ、マジで近所なんだ。絶対ウソだと思ってた笑」
「じゃあなんで来たのさw」
「それならそれでコンビニでなんか買えばいっかなあって」
「あ、なんか買う? お礼に奢るよ」
「マジ? あざーす」

その日は、コンビニの前で適当にしゃべって、帰りました。いきなりセックスとかは、さすがに無理。でもその数日後、深夜に「起きてる?」とラインがきて、

「起きてるよー。どしたの?」
「暇なんだけど会わないー? ってか一人暮らしって言ってたよね?」
「そうだよー、遊びにくる?w」
「行っていいなら行くー。今からこの前のコンビニ待ち合わせで」
「え、マジで? 襲っちゃうかもよ?w」
「暇だからいいよ笑 あ、ゴムある?」

このすぐ後、今度は薄っすらと化粧したあやかちゃんと合流した俺はコンビニでお菓子や飲み物、コンドームを買い、家に戻りました。そして、ギャルハメ撮り画像

早朝までセックスをしたのでした!ww

近所のギャルとセフレの仲に!そしてまさかの展開がww

ギャルハメ撮り2セックスするようになってから数日に1回くらいのペースで、深夜だけでなく、俺が休みの日の日中にもうちに遊びに来るようになりました。

もはやラインでの連絡はなし。唐突にインターホンが鳴り、鍵を開けるとそこにはラフな格好のギャルが立っている。来れば大体セックスしますけど、映画観たり、ゲームをしたり、一緒に食事したり、半同棲みたいな生活が続きました。

そんなある日のこと、土曜日の夕方にセックスを終えて2人ベッドに寝そべっていると、あやかちゃんのスマホが鳴りました。すかさず手に取り、耳に当てる。

「あーい、ん、今? 暇だけどー、え、ああ友達のうち」

そのまましばらく話し、やがて「えー、聞いてみる」とスマホから耳を話したあやかちゃんが、こちらに眼をやりました。

「友達呼んでもいい?」
「呼ぶって、え、ここに?」
「ここに。暇だから遊びたいんだって。別にいいでしょ?」
「いや、いいけ…、えー」

まさかの展開で数分後、とりあえず着替えてベッドの上に座っていると、ドアの開く音が届きました。「お邪魔しまーす」と、あやかちゃんとは別のギャルの声。やがて姿を現したのは、あやかちゃんとはまた別系統の、ギャルでした。

「あ、すみません、なんか大丈夫だよっって聞いたのでつい」

礼儀正しく挨拶する黒髪に化粧バッチリのギャル。名前はゆいみちゃん。あやかちゃんとは中学からの仲らしく、彼女もここの近所に住んでいるらしい。

「……というかあやか、ヤッたでしょ?」
「え、分かる?」
「分かるよ、匂いで分かる。え、まさかだけどこの人ってセフレ?」
「ま、そんな感じ。彼氏ではないし。ネットで知り合った」

あっけらかんと話すあやかちゃん。そういう説明もなしに連れてきたのか。すると、あやかちゃんがとんでもないことを言い出す。

「ゆいも近く住んでるんだし、ここ使えば? いつでもオッケーっぽいし笑」
「いや、いつでもってわけは……」
「あや言ってたじゃん、彼氏がいなくて欲求不満だあって笑」
「言ったけどさあ……え、ほんとに? 本気にしていいの?」
「いいよいいよ、なんなら今からでもオッケーだし。さっきヤッたばっかだけど」

完全に俺の存在が無視された状態で話が進んでいく……。その場は「でもやっぱりなあ」と遠慮したゆいみちゃんでしたが、その日の深夜、ラインで話していると、

「今から部屋に行ったらご迷惑だったりしますか?」

……セックスを、しましたw

ギャル達に完全にヤリ部屋にされてしまいましたw

ギャル部屋あやかちゃんに加え、ゆいみちゃんともセフレになってしばらく経った頃、あやかちゃんが別のギャルを再び部屋に呼び、俺の家を「ここうちらのヤリ部屋」と紹介しました。その女の子とはその場ですぐにセックスをしました。

そしてその数日後にまた別のギャルがやってきて、その翌日にも、また違うギャルがうちを訪れました。もちろんその2人ともセックスし、というかさせられ、以来その女の子たちも定期的にうちを訪ねるようになりました。

「あの、できればシフトを組んでもらうと……。」
「えー笑 好きな時にヤレるんだからいいんじゃん」
「こっちにも予定が……」
「そっちもうちらとエッチできてラッキーっしょ? あ、今度新しいの連れてくるから」
「いや、もう……」
「そいつ読モやってるんだけどヤリマンで、話したら行ってみたいってさ笑」

もはや完全にうちはギャルのヤリ部屋にされてしまいましたw

近所のギャルを連れ込んでまさかこんな展開になるとは……。夢のようなシチュエーションですが、

いくらなんでも多すぎる!ww

引っ越しをしようかどうか、本気で考え中ですw

※今回使ったサイト→ワクワクメール

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事