セフレ募集が多い掲示板集めました

【神待ちゲット!!】家出中の子持ち人妻を出会い系で保護してセックスwww

人妻子持ちアイキャッチ

「神待ち」という言葉をご存知でしょうか?
家出女性がインターネットの掲示板などで今夜の寝床の提供者(神)を探す行為、これを神待ちと呼びます。

一昔前は家出少女が一泊の宿を求めて出会い系サイトの掲示板に書き込みをするイメージでしたが、今は少し事情が違うようです。

家出中の人妻が「神待ち」をしているww
最近はこんなケースも、実はあったりするのです。

結果から申しますと、出会い系で見つけた神待ち人妻とセックスしまくり、通い妻状態になってますww

神待ち!?出会い系サイトに現れた子持ちの家出若妻w

「今夜だけ家に泊めてくれるいませんか?結婚してますが…」

たまたま覗いたPCMAXという出会い系の掲示板にこんな投稿があり、半信半疑ながらメールを送ってみました。

人妻ということで後々、トラブルに巻き込まれはしないかとも考えましたが、そこは性欲に任せて…笑

「一人暮らしの大学生です。ウチきませんか?」
「大学生? いいの? どこに住んでるの?」
「横浜市の南区です。来れますか?」
「うん、行ける。けど…本当にいいの?」
「いいですよ。(よしっ!)

年齢は20代半ば、名前はマリコさん。
セックス相手としては、申し分ないスペックでしょww

こんな簡単に人妻と会えるのか?など疑いの部分もありましたが、人妻とお泊りという初の出来事に少し心躍らせながら僕は家を出ます。

神待ち人妻を保護したらお礼に手料理出てきたw

改札で待っていると、不安そうに周囲を見渡す女性が歩いてきます。

「マリコさんですか?」
あ、はい!こんばんは。……急にごめんね」
「気にしないでください。」

マリコさんは部屋着のような恰好。着替える時間もなかったのでしょう、いかにも家から思わず飛び出てきたって感じ。
化粧っ気もないけど、整った顔立ちのせいなのか、それほど不自然ではない。

うん、ヤれる(`ω´)キリッ

家まで歩き始めると、予想通り会話はあまり弾まない。するとマリコさんから話題が。

「晩ごはん食べた?お礼になにか作ろうか?」
「おお、手料理ですか。料理得意なんですか?」
「子供がハンバーグ好きだからよく作るの。」
「お子さんいるんですね。」…ここで子持ち発覚ww

家に入って早々、マリコさんは立ち寄ったスーパーの袋の中身を取り出して夕飯の支度を始めました。

料理をする背中を眺めながら、そういやこの家に女性入れるのって始めてだと思って、試しに伝えてみると

「え、そうなの?」
「誰も連れ込めないまま卒業かと思ってましたw」
「物好きだね。こんなの泊めてくれるなんて」
「マリコさんはキレイなので光栄ですよ。」
「褒めても出てくるのはハンバーグだけだよっ(笑)」

久々の手料理、この時はイヤらしい気持ちも消え、談笑しながら僕たちは食事を楽しみました。

念願の人妻とのセックス!のはずが…泣

夜も更け切った頃、いきなりマリコさんから思わぬ一言が飛び出しました。

「嫌じゃなかったらいっしょに寝よ?」

きたきたきたぁぁーー!!!
まさかの向こうからセックスのお誘い…?
なんてドキドキしながら、僕のダボダボの部屋着を身に纏ったマリコさんとベットに入ったわけですが、、、

セックスなんてもってのほか
なーんにもありませんでした!!

そうです。僕は勝てない試合は挑まない草食系男子。
すぐに隣から寝息が聞こえてきたので、そのまま眠ることにしました。もちろん寝付きは、良くなかったです。
これほど自分の性格を恨んだことはありません。泣

翌日、借りていたDVDを見ながら、それとなく家出の理由を聞くと、彼女はその理由を話してくれました。

「旦那がね、家のこと何もしてくれないくせに、命令してばっかりで…。旦那と違ってキミは優しいね」

そこから出てくる出てくる旦那の愚痴ww
すべて頷いて聞いていると、マリコさんの視線は次第にテレビより僕に送られるように。

そして次の瞬間マリコさんの口からついに、、、

「せっかくだからエッチでも優しいのかみせてよ。」

神様、ありがとう♪
そして「一晩寝かせたセックス」を楽しみました。

ハメ撮り画像

平日の昼過ぎから若妻とセックスするという贅沢。胸はそれほど大きいわけではありませんが、形がキレイで、さらに感度も抜群。

ほんとに子持ちなのかと疑うほどスタイルがよく、肌にもハリがあって最高でしたw

家出人妻の快進撃!今ではウチの通い妻状態!?w

その夜、彼女のスマホに旦那さんから電話が。

「もう帰らなくっちゃ…。」

そこからお互いここぞとばかりに激しいセックス。
目を覚ますと、マリコさんはいなくなっていました。
マリコさんの家出が終わってから数週間、彼女の姿は再び僕の家にありました。

ここから若妻の進撃が始まります…ww

「あの、また何かありましたか?」
「んー? なにがー?」
「いや、ウチに遊びに来てるので、また家出したくなるようなことがあったのかと……」
「ないよ、今のところ。それに今日は泊まらないし。」

あれからというもの、度々ウチに遊びに来るように。
頻度的には週4ペース。

来るたびに手料理、セックスと色々助かるのですが、これはさすがに、と思わないでもない。

家出していた期間は友達の家に泊めてもらっていた、と旦那さんには説明したのだそう。

「そろそろ大学いかなきゃいけないんですけど」
「えー、休んじゃえ!(笑)」

僕が出かけようとすると、それを阻止するかのごとくマリコさんの手が僕のアソコに伸びる。

初めてのお泊りの頃のマリコさんはどこへやら、、笑

下着姿写真

「私と気持ち良いことするか、つまらない講義受けるか、どっちが良い?」

その日も結局、マリコさんの子供が幼稚園を出るまでの時間、セックスをしまくる羽目になるのでした。笑

こんなことなら人妻に手を出すんじゃなかった……ww

人妻の抑えきれぬ性欲を受け止める覚悟があるなら、一度試してみてください。PCMAXなら即神待ちゲットで、人妻でも簡単にセフレにできちゃいますよw

※今回使ったサイト→PCMAX

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事