セフレ募集が多い掲示板集めました

主婦と不倫の出会いを求めて、出会い系サイトに登録してみた

主婦と不倫

街中ですれ違う女性が左手薬指に指輪をしているだけで興奮してしまう、どうもリョウスケです。

しかし既婚者を街中でナンパする勇気などあるはずもなく、23歳(大学留年中)の今に至りました。セックス経験はありますが、人妻との経験は皆無。
そんな俺だったのですが、

ここ数ヶ月でヤッた人妻の人数…なんと10人!!

なぜこんな状態になったのかというと、出会い系サイトに登録したから。
PCMAXっていう出会い系なんですけどね、ここがまた不倫希望の主婦で溢れているんですよ。初めて会った男と即ホテルに行っちゃうような人妻が、それこそ、わんさかと。

主婦との不倫を求めるなら出会い系サイトが最適

出会い系に良いイメージを持たない人は多いかと思います。俺もその一人でした。でもやってみると意外と良心的かつ安全性抜群で驚きますよ。多少の慣れは必要ですけど、慣れればまさに入れ食い状態です。

もちろん出会い系には主婦以外にも色々な人がいるんですけど、既婚者をピンポイントで狙うならこの時間帯がオススメです。

・平日の昼間
・深夜

平日の昼間は専業主婦の時間ですし、深夜は深夜で家族が寝静まったあとに活動を始める人妻がいたりします。しかし土日だと旦那が休みのパターンが多いので、確率はかなり下がっちゃうイメージですね。

大学生ということもあって、俺は主に昼間に活動してます。深夜でも良いのですが、

昼間はなんといっても、専業主婦が多い。

この一言に尽きます。専業主婦ほど都合のつけやすい女はいませんからね。これで子供がいなかったり、幼稚園や小学校に行っているような年だったりするとなお良しです。暇を持て余した専業主婦。いい響きです。

俺にとって初めての不倫相手となる女性が専業主婦で、かつ幼稚園に通う子供を持つ人だったんですけど、これがまたとんでもない女性だったんですよね。

出会い系で不倫に興味津々な専業主婦が釣れました

プロフ検索からメールを送るスタイルでその女性、まあ仮に名前をみゆきさんとしましょう、彼女が釣れたのですが、初っ端の返信からまあ不倫に興味津々な雰囲気が漂ってましたね。

「わあ、若いね。若い男の子と話すとか、ドキドキしちゃう笑」
「みゆきさんも十分若いじゃないですか。俺の方がドキドキしちゃいます笑」
「えー、嬉しいなあ。年上好きなの?」

みゆきさんの年齢は30代半ば。まあお世辞にも若いとは言えませんが、社交辞令って大事ですよね。文面からもテンション高いのが見て取れます。飢えてるなあというのが正直な印象。しかし、

飢えてる専業主婦とか、大好物ですww

この人ちょっと押したらすぐにいけそうだなあと思って「今度遊ぼうよー」って言ったらあっさり承諾してくれて、その流れでLINE交換。うむ、こんなにあっさりで良いのかというくらいあっさり。

不倫主婦とLINE

LINEでやり取りする際、ふと疑問に思ったことがあったので聞いてみました。探りの意味もあったんですけど、藪を突いたら全裸の女性が出てきたみたいな、その質問のおかげでラッキーな方向に事態が転がったのは紛れもない事実です。

「なんで出会い系に登録したの?」
「んっとね、ほら『昼顔』ってドラマあったじゃん?あの影響笑」
「え、じゃあ不倫希望ってこと?笑」
「希望っていうかまあ、興味はあるかな」

自分から不倫に興味あるって言うとか、どんだけ飢えてんだよ。
これ絶対不倫する気満々じゃん。

確かにドラマの影響でそういう女性が増えてるは聞きましたけど、なるほど出会い系に影響が及んでたんですね。どうりでリアルではそんな気配微塵も感じないと思いましたよ。

不倫ドラマ

ありがとう、フ○テレビ!

そのドラマ見てないので、人妻が不倫するドラマという知識しかありませんが、ありがたいですね。主婦の欲求を見事に換気せしめた、まさに名作です。見てませんけどね。

不倫希望のカミングアウトがスイッチになったのか、みゆきさんの欲求が全開になり、旦那とのセックスレスやママ友の不倫、そして昼間はいつもオナニーしちゃってることまで聞き出せちゃいました。

興奮しますけど、逆に怖い。ここまでくるとなんかあざといというかなんというか、キャラ作りなんじゃないかと思ってしまうほど。

結局それは杞憂に終わるわけなんですが、実際に会ってみるまでその疑念がグルグルと頭の中を回っていました。

出会い系にいた専業主婦とついに不倫関係に…

セックスレスということで、会ったら即ラブホはもはや既定路線。
言葉の上では「会ってみて良かったらね」ということでしたが、いやいや俺はもうヤル気満々ですし、みゆきさんからも同じような気概が窺えます。

待ち合わせ場所は渋谷のホテル街前にあるコンビニ。

住んでいる場所が神奈川県内ということで、都内の方が安全なのだそう。誰かに見られたらまずいという背徳感がたまりませんね。

会える時間は午前11時から午後2時までの3時間で、そのまますぐに幼稚園に迎えに行くと言っていました。ドキドキしながらコンビニ前に立っていると、ふいに声をかけられました。

「あ、はじめまして。みゆきさんですか?」
「はい。良かった、違ったらどうしようかと思いました」
「そしたら大変でしたね。えっと、じゃあ行きますか、というか行っても大丈夫ですか?」

一瞬キョトンとしたみゆきさんでしたが、すぐのその言葉の意図を察したのか、はにかみながら「はい」と答えました。

こんな上品な人があんなLINEを。人は見かけによりませんね。

不倫なんか全くしそうにない女性が俺の腕を取って、積極的にホテルへの道を進んでいるのですから。シャンプーのいい匂いがして、それだけで俺のアソコは大きくなってしまいました。

ホテルの部屋に入るとすぐにみゆきさんが身体を寄せてきて、俺は顔をすくい上げるようにして彼女にキスをしました。唇を離したみゆきさんは「ドキドキする」と言って、俺の胸に顔を埋めました。みゆきさんが積極的に攻めてくるのには驚きましたが、

それ以上に驚いたのが彼女のイキやすさ。

乳首を咥えればピクピクと全身を小刻みに動かし、下に少しでも触れればあっという間に彼女はイってしまいました。手マンすれば潮吹きは当たり前。挿入すれば痙攣は止まらず、俺が心配になるくらいイキまくる。

「前は全然イケなかったのに」

喘ぎながら漏らす声。セックスレスのせいなのでしょうかね。
でも今までしたセックスの中で一番気持ち良いと言ってもらえたのは嬉しかったです。俺のテクニックのおかげじゃないんですけどね。

不倫主婦とホテル 不倫主婦とエッチ

3時間の中で俺は2回ほどイキましたが、みゆきさんはそれこそ数えきれないほどイッてました。休憩中に腹筋が小刻みに痙攣してましたからね。

名残惜しくもその日は別れましたが、後日また会う約束をしました。
もちろん今でも関係は続いています。他にも人妻のセフレは数人いますけど、今のところ彼女が一番です。気持ち良さも、都合の良さも。

しかし、主婦と不倫することになれてしまうと、将来俺は結婚できるだろうかと心配になります。だって既婚女性の実態を、身をもって知ってしまったわけで、こんなんじゃ絶対結婚とかできませんよ。

かといって不倫を止めるなんてことも考えられません。

これ以上の刺激がこの世にあるでしょうか。大学生はあらゆる意味で融通が利くので、もう1年くらい留年しちゃおうかなと思ってしまう、親不孝筆頭、どうもリョウスケでした。

※今回使ったサイト→PCMAX

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事