セフレ募集が多い掲示板集めました

出会い系で知り合ったHカップ人妻熟女と自宅でセックスしちゃったw

自宅セックス

先日、別居中のHカップ人妻熟女の自宅でセックスしてきちゃいました。

人妻熟女の家に上がり込み、背徳セックス…。

そんな超絶巨乳の人妻熟女と出会い系で自宅セックス体験談を赤裸々にお伝えしたいと思います!

出会い系サイトで別居中の人妻熟女をゲット!ww

その人妻熟女と知り合ったのは出会い系サイトのPCMAX。歳は41歳でした。子供が1人いるが、大学生になって一人暮らしを始めたらしく、別居にまで至ったのはそれが遠因とも言えるようでした…。

出会い系サイトやってると、こういった夫婦事情みたいな部分に無駄に詳しくなれますよね。世の人妻がどれだけ離婚願望を抱いているか、個人観測ではありますが、大体7割くらいの女性が離婚したいって思ってるんじゃないかな。

しかし、別居中、つまり絶賛一人暮らし中と聞けばお邪魔したくなるのが男の性。それが魅力的な人妻熟女なら尚更。ラインを交換して早々、アポを取りに掛かりました。

期待しないで待ってて〜、とこの話はこれでおしまい。

人妻熟女の余裕で軽くいなされた気がするし、これはおそらく呼ぶ気なんて1ミリもないな。ちょっと気を急ぎ過ぎたか……。上手くいけば自宅セックスできそうだったのに、惜しいことをした。

大逆転ホームランが打ちあがったのは、その1週間後のことでした。

超絶巨乳!Hカップ人妻熟女の自宅にお邪魔しま〜すww

インターホンを押すピンときてポーン。すると、中からパタパタという音が徐々に近づいてきて、

「いらっしゃ〜い。早かったね」

めぐみさんのご登場である。

「あんなこと言っておいて連絡するのもなぁって思ったけど、来てくれて良かった」
「めぐみさんの為なら速攻で来ますよ。で、例のやつはこれですか?」
「そう、これ。先週頼んだ、本棚」

事の発端は自宅来訪より数日前に遡ります。人妻熟女とセックスしてえなあと思いながらシコシコしてたところに、めぐみさんからラインが届きました。

「近い内ウチに来ない? いつでもいいんだけど、なるべく早くがいいかも」

驚きのあまり射精しそうになりましたが、そこはグッと我慢。まさか向こうから誘いがくるとは。セックスか、独り身直前の身体を慰めるセックスが欲しいのか。しかし、彼女の提案は想像の斜め下でした。

「注文した本棚が思ったよりも大きくて、組み立てるのちょっと手伝ってくれない?笑」

俺の訪問を意識してか、部屋の中にしてはよそゆきの服を着ためぐみさんは、嘆息しました。

「余計なお金使いたくないのよ、今。結構高いでしょ、ああいうの」
「まあ、そこそこ。というか、なんかめぐみさん、エロいですねw」
「え? ああ、これ? これはね強調してるとかじゃなくて、自然にこうなっちゃうの笑」

そう、俺が注目したのはめぐみさんの胸。

デッッッカ!!!!!

ってくらい、巨大なそのおっぱいの大きさを、俺は臆面もなく彼女の効きました。すると彼女は照れ笑いを浮かべながら、

「最近はちょっと垂れちゃってるけど、一応Hカップ……」

Hカップ!!

 人妻熟女らしく、細身とはいえない体型のめぐみさんですが、それでもこの大きさは規格外。巨乳というか、超巨乳。おかげで、本棚を組み立て終える頃には、俺の下半身はもう元気いっぱいになっちゃいましたw

「ありがとう〜、助かっちゃって。やっぱり男手があると違うねえ」
「女性1人にはきついかもですね。ところで、今日手伝ったご褒美とかは?w」
「ご褒美、ご褒美かー。あ、じゃあ夕飯でも食べてく?」
「夕飯もいいですけど、もっと別のものが食べたいです!w」
「若いなー……。こんなおばさんとエッチしても楽しくないでしょ」

ガバリと覆いかぶさる俺。しかし、そこに「待って待って」と焦った声で待ったが掛かる。

「分かった、分かったからちょっと待って。シャワー、シャワー浴びよ。ね」

これはもう実質セックスオッケーのサインでは? 浴室へと駆け込んだめぐみさんを、俺はソファでワクテカ顔で待ちました。

男に飢えた巨乳人妻熟女との濃厚セックスを堪能してきましたw

待ちきれなかった、ととりあえず言っておきましょう。人妻熟女の入念なセックス準備。長きに渡るそれを待ちきれなかった俺は、とうとうシャワー降り注ぐ浴室へと全裸で侵入。

「えッ、ちょっと、なんで入ってきてるの!」

強引にセックスを敢行しました!生ハメセックス、反響する喘ぎ声、そして男に飢えた人妻熟女の本能。それらが合わさった結果、どうやらめぐみさんのスイッチも入ってしまったようで、
人妻と自宅セックスろくに身体も拭かないままベッドに移動した俺たちは、そのまま濃厚なセックスを繰り広げました。夕食を食べぬままセックスは続き、気付けば時刻はすっかり夜。さすがにお腹空いたね、ということでパスタを作ってもらいました。

「めぐみさん、ちょっとは今日、期待してたでしょ? セックス」
「期待はしてなかったけど、あるかな〜? とは考えてた笑」
「もしかして本棚頼んだのも俺呼ぶための口実作り?w」
「それは違う! ほんとに必要だったの! でも」

「でも?」
「配達だけにしてもらったのには、ちょっと下心あったかも」

人妻熟女って、普段大人な癖にこういう微妙なところで可愛いからいいですよね。

セックス? もちろんまたしましたよ。今度は朝まで。また自宅に遊びに行く約束になってるので、寂しい人妻熟女の身体をとことん慰めてきますw
※今回使ったサイト→PCMAX(R18)

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事