セフレ募集が多い掲示板集めました

ハゲてる俺が出会い系サイトで彼女を作れた体験談

坊主頭は良い。高校球児のようで清潔感があるから。あのジョリジョリ感がたまらないという女性も多いでしょう。では坊主頭とは似て非なるハゲはというと?

なぜか女性からの好感度が一気に下がり、嘲笑のターゲットになってしまう……

ハゲに不潔感を抱く女性は多く、「あのツルツル感がたまらない♪」という女性は滅多に現れません。ハゲ歴5年、齢39を数える俺はこれでも身だしなみに注意を払い、それなりに外見に気を遣ってはいるのですが、頭部が全てを台無しにしてしまいます。

ああ、ハゲに優しい世界がどこかにないものだろうか……。

ハゲ
ありました。というか、見つけました!o(>∀<*)o

その場所の名は出会い系サイト。なるほど、よく考えてみたら出会い系サイトほど俺のように外見に問題を抱えている男性に希望をもたらす場所はありません。

これは、ハゲも極まれる俺が出会い系サイトで理想の彼女を作った体験談です。

ハゲている男性でも出会い系なら頑張れる!

これには出会い系サイト初め、ネットの出会いの構造が大きく関係してきます。

通常、初対面の相手と顔を合わせる場合、人の目はまず顔に注がれます。眼、鼻、口、そしてハゲ。この時点でハゲの印象は一気に決まる。「恋愛対象外だわ」、あるいは「なんだかいじりがいのある人っぽい」と。

しかし、必ずしも第一印象だけで決められない場所がある。そう、それが出会い系サイトです。

出会い系サイトの初対面は顔ではなく、メール。

出会い系がハゲに優しい理由はここにあります。これならば、初めての対面でいきなり恋愛対象外になることはなく、立場を低く見られることもありません。

しかしあなたはこうも考えるでしょう。「実際に会ってハゲだってバレたらすぐに手の平返されるんでしょ?」と。いいえ、そんなことはありません。むしろ初対面でないハゲは、好印象の材料になり得ます。

・清潔感がある
・知的
・爽やか
・親しみやすい

実はハゲって悪いことだらけではないのです。事実、外国ではハゲでもモテモテの人がいるし、日本においてもその潮流は確実に流れ始めています。

ハゲが悪印象をもたらしやすいのは、それを隠そうとするから。ハゲたからもういいやと他の部分のケアを疎かにすれば、それは当然「不潔」と顔をしかめられてしまいます。

もちろんハゲを嫌がる女性もいます。でもそれは、外見100%重視の女性のみ。大半の女性は中身さえ分かっていればハゲでも恋愛対象に入ります。世の禿頭男性がそこまでいかないのは、視線による初対面が出会いの多くを占めているからです。

ハゲは話のネタにもしやすいし、ライバルの多い出会い系においてそれで女性の興味を惹く方法はもはや鉄板。

出会い系サイトはハゲを救う。

もうコンプレックスを持つ必要はありません。

出会い系サイトで理想の女性と出会えた

俺が使った出会い系サイトはPCMAX

若い子狙い、はさすがに年齢的にきついので、同年代くらいの女性を中心にメールを送りました。丁寧で、誠実な印象を与えるメール。

何人かの女性からメールが返ってきました。内2通は割り切り希望のメールで、1通はごめんなさいメール、そして残りの数通が「良かったらメールしましょう」という好意的な返信でした!

メールを重ね、ラインでやり取りをするようになり、そのうち自然とひとりの女性と仲良くなっていきました。マユミさん。40歳の独身女性です。

仕事に真面目で、かつ情熱を持っている。聞けば彼女は名の知れた大企業でそこそこの役職についているらしい。キャリアウーマン。子供っぽい女性が苦手な俺にとっては、もしかしたら理想的な女性かもしれない。

ふとした拍子から互いの上司の話になり、そして図らずもハゲの話題になりました。笑

「うちの上司がまあハゲてて笑 書類に抜け毛とかしょっちゅう挟まってるんです笑」
「それはヤバいですね笑 マユミさんはハゲは嫌いですか?」
「? 別に嫌いってわけじゃないですけど。父親がハゲてたからむしろ親しみやすいくらい♪」

カミングアウトするならここかな。俺はそう思いました。「あのですね……」とラインを送る。

「実は……」

ハゲている俺だけど彼女できましたw


それから数ヶ月後、俺は夜の新宿にいました。

会社終わりのサラリーマンが束になって駅に流れ込む様子を横目に彼女を待つ。

「ごめんね、お待たせ。会議がちょっと長引いちゃって」

さっぱり短めの髪を指先で整えながらマユミさんが現れました。いかにも仕事のできそうなスーツ姿。けれどどこかオシャレめいた、ややカジュアル寄りの格好。するとその視線に気づいたのか、自身を見下ろしながら彼女が苦笑した。

「ああ、これ? この前買ったんだけど、どう? ちょっと可愛すぎ?」
「ううん、似合ってる。オシャレだし」
「でもちょっとオシャレ過ぎ笑 若い子に速攻で『今日デートなんですか?』って看破されちゃった笑」
「服装だけで? エスパー?その子笑」
「女性ってそういうものよ。あとは、雰囲気もあったのかも、もしかしたら」
「デートが楽しみでワクワク?」
「どちらかというとフワフワ? 地に足がついてない感じ笑」

ふたり笑い合う。こうして彼女と恋人関係になれ、デートできるような仲になれたのもあの時カミングアウトしたおかげだろう。

「ハゲ? ハゲてるの? どれくらい? ツルツル? それともザラザラ?」

言葉で説明しても分かり辛い、かといって写真で送るのも抵抗がある。「それなら一度会ってみようか?」と提案したのはマユミさんの方でした。受け入れてもらえるかどうか不安に思いながら待ち合わせた俺に、彼女はこう言いました。

「清潔感あって好きよ、私は」

その後デートを幾度か重ね、俺たちは正式に付き合うことになりました。

ハゲの因果は廻る。あなたがハゲとして良い行いをすれば、それはきっとハゲの印象向上に繋がり、世にいるどこかのハゲが恩恵を受けることになるでしょう。そしてその恩恵は、巡り巡ってあなたの元にも……。

ハゲはデメリットではなく、短所でもありません。特徴、あるいは個性と呼ばれるものです。前向きに捉えましょう。ハゲの極地にある俺が彼女を作れたのです。きっと皆さんにもできるはず。

以上、ハゲも極まれる俺が出会い系サイトで理想の彼女を作った体験談でした。

※今回使ったサイト→PCMAX

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事