セフレ募集が多い掲示板集めました

まさかの逆ナン!?人妻熟女から「エッチしない?」ってメールがきた結果ww

逆ナン人妻熟女

休みの日に無駄に早起きしてしまった僕(25)は出会い系サイトハッピーメールを覗いていました。特に目的もなく、プロフ検索したり掲示板を見ていたところ、アラフォーの人妻熟女から1通のメールが届きました。

おはよ♪ 突然だけど、お昼頃から時間ある? もし良かったらエッチしない?

このメールを見て、僕は特に驚きませんでした。出会い系ではよくあることです、こんなの。いわゆる業者というやつです。

しかし、この人妻熟女、サエコさんと言うのですが、プロフは割りとまとも。業者っぽくもなく、しかもよく考えてみれば、アラフォーの人妻熟女という、ターゲットの限りなく狭い女性を釣り餌として普通は使いません。

試しにこの逆ナン人妻女性にメールを返してみることにしました。本物ならば御の字、業者だったら二度寝すればいいだけのことですしね。

「お昼は時間ありますが、いきなりセックスするんですか?」するとすぐに返信が来ました。

「ごめんねいきなり(汗) 今日、急に予定が空いちゃって、年下の男の子タイプだからどうかなって思ったんだけど……。やっぱりおばさんじゃその気にならないわよね?(汗)」
「いえ、僕で良かったらぜひ! というか、失礼ですけど本物ですよね?」
「本物? あ、実在するかってこと? そうねえ、ならラインで通話でもしてみる?」

ラインを交換し、通話を開始。向こう側から熟女っぽいやや低めの、けれど確かに女性のものである声が届きました。

「どう? これでちゃんと本物って証明できたかしら?」
「まあ、一応……。でもほんとにセックスするんですか? 顔も見たことないのに?」
「あ、そうよね、ごめん笑 昨日、旦那とエッチできなかったから色々と溜まっちゃっててつい先走っちゃった」
「えっと、とりあえず会ってみますか? セックスは会ってから決めるって感じで」
「ちなみにエッチする可能性はどれくらい? ごめんね、私ほんとにエッチしたいからあんまり低かったら会わない方がいいかも……」

ん~、怪しさマックスだけど、こんなにも積極的な人妻熟女とのセックスチャンスを逃してしまうのはかなり惜しい……。なので、

「えーっと今のところ85%くらいです笑」
「エッチする気満々じゃない! フフ。それじゃ会いましょ。」

やはり男はセックスに弱く溺れやすいのでしょうかいいえ誰でも。

出会い系では女性から積極的に送られてくるメールに要注意

出会い系サイトは基本的に女性受け身のツールで男性がメールを送り、女性がその中から好みの男を選ぶ。例外はもちろんありますが、この流れは基本的に変わらない。そのことをきちんと分かっていれば、
ハッピーメールリスト

こういった女性から積極的に送られてくるメールが、いかに怪しく、いかにあり得ないことであるかが分かるはずです。ちなみにメールの内容はというと、

こんな感じ。いかにも男好きのする内容です。そうです、これが業者というやつです。こういったメールを送り、ラインに移行し、別の悪質なサイトに誘導してきます。こっちで話さなきゃやり取りできない、会うことができない、と言ってね。

女性から送られてきたメールはまず疑うこと

出会い系サイトにおいて、女性側からのメールは95%が業者か、あるいは割り切り希望です。逆ナンなんて、そうそうあるわけがありません。

今回の俺の逆ナン体験も、大学生の頃から出会い系を利用していて初めてのことですのでね、女性をゲットしたいなら自分から積極的にメールを送りましょう。

逆ナンしてきた人妻熟女とエッチ前提で急遽会うことに!

横浜で人妻熟女のサエコさんと待ち合わせ。正直なところ写メなしで会うのはむちゃくちゃ不安だったんですけど、出会い系にいる40代は比較的キレイな女性が多いので、期待と不安半々といった心持ちでした。

やがて「着いたよー! どこにいるのかな?」とラインが届き、待ち合わせ場所にいた俺が顔を上げると、スマホ片手に同じように首を回す女性がひとり視界に入りました。

想像していたよりもずっと小奇麗で、横浜のホテルでママ友とランチでもしていそうな雰囲気のセレブかつ人妻の美魔女な感じ。

近づいて声を掛けると、「あ!良かったぁ、ちゃんと来てくれたのね」と安堵のため息。既読はついたが返信がないから心配していたらしい。

「とりあえずお茶でもしましょうか。時間は大丈夫ですか?」
「んー、ごめんね実は夕方には帰らなくちゃいけなくて……。これでも主婦なので笑」
「全然そんな風に見えませんね。それじゃ、すぐに行っちゃいますか?」
「えー、いいの? まだ会って5分も経ってないよ?笑」
「大丈夫です、セックスしたい率100%になりましたんで笑」
「あら! じゃあイケナイことしに行こうかしら……ね」

僕たちは会ってから10分も経たないうちにラブホテルの中に足を踏み入れました。僕の中での最短記録を更新しました

いっしょにシャワーを浴びることになり、「スタイル崩れちゃってるから恥ずかしいなあ……」というサエコさんが服を脱いでいくのをまじまじと見る。少し大きめの胸は確かに形が崩れていましたが、それが逆にエロい雰囲気を醸し出していました。

「ねえ、こんなおばさんからメールもらって迷惑じゃなかった……?」
「迷惑だったらこんなところにいませんよ」
「フフ、 我ながら大胆なことしちゃった。こんなの初めてなのよ?」
「ほんとに? 結構慣れてる感じしたけど?w」
「自分からメールしたのは初めてなの、朝からずっとムラムラしてたから笑」

浴室で洗いっこをして、お互いの身体をキレイにしてから、俺たちはどちらからともなくベッドに雪崩れ込み、糸を引く濃厚な人妻とのセックスを始めました。

欲求不満な人妻熟女とセフレになれました

逆ナンしてきただけあり、人妻熟女の性欲は凄まじく、制限時間である夕方までほとんどノンストップでセックスをしていました(笑) 部屋に備え付けのゴムを使い切った後は生ハメをし、中に出したりもしました。

「ね、ほんとはね朝メールしたの、実はキミが2人目だったの笑」
「ってことはその前にメールした人がいたんだ? その人はどうなったの?」
「無視されちゃった。既読スルー。」
「でも無視されて良かった。それで俺にメールくれたんだから」
「じゃあ……さ、これからも時間のある時に会ってくれる?」

もちろん、と言って僕は人妻のサエコさんに覆いかぶさりました。

皆さんもサエコさんのような人妻熟女から逆ナンメールがきたら、一概に業者と決めつけるのではなく一度ちゃんと確かめてみましょう。万が一、ということもありますからね
※今回使ったサイト→ハッピーメール

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事