セフレ募集が多い掲示板集めました

出会い系で人妻やJDを釣る方法使ったら大量にライン交換できたwww

出会い系 熟女

出会い系の利用者で、俺ほどラインやカカオに移行できた人数と、実際に会った人数が乖離している人間は他にいないと思います。

ライン・カカオ・メールに移行できた人数:100人前後

実際に会った人数:2人

この2人も、出会い系を始めたごくごく初期に会った女性で、それ以降は誰とも会っていません。
会えていないのではなく、会っていない。

自分の意志で、会うことを放棄しているのです。

ラインなどを聞き出せた時点で満足してしまう。これが理由。初めは「会う約束」で満足していたのが、段々とそれすらも億劫になり、今ではなんで出会い系をやっているのか分からないステップで相手への興味を失ってしまいます…。

これはさすがにもったいないと、俺は思いました。だから、友達にとある商売をしてみることにしました。

出会い系で知り合った女性の連絡先を横流しする商売ww

1人につき3000円!! 会えるかどうかは、そいつ次第!

中にはこれで無事にセックスできたやつも、存在してるんですよ。

ここでは、その中から2つのケースを取り出して、体験談として紹介します。

出会い系で人妻やJDと効率良くラインを交換する方法とは?

pcmaxプロフィールエピソードに入る前に、軽く出会い系の攻略方法をお伝えしておきます。出会い系で、どうしたら効率的に人妻やJDとラインを交換できるか?

正直、簡単です。え、それだけでいいの? という感じ。

ごく普通な真面目で誠実な男性を演じる

たったこれだけでオッケーです。下ネタもセクハラも一切しない、人畜無害な男性。これを意識的に演じるだけで、人妻やJD、その他大勢の出会い系にいる女性は比較的容易にライン交換に応じてくれます。

出会い系サイト内で最も重要なのは、最低限の信用を得ること。これさえできてしまえば、ラインなどの交換は朝飯前となります。

しかし、これのできていない男性の多いこと。いきなりラインを交換しようとしたり、下ネタを話題に出したり、女性はそんな男たちに辟易しています。だからこそ、ごく普通の対応しかしていない男性が輝くんです!

ケースPART.1:セックスレスのアラサー人妻 → 20歳の童貞

pcmaxプロフィールある日、20歳の友人に頼まれました。

「童貞捨てたいんだけど、いい感じの人妻とかいない?」

基本、俺は依頼を受けてそれに合いそうな相手を探して連絡を取ります。サイトを覗き、何人かの人妻を彼に選んでもらう。その日の夜、俺は彼女たちにメールを送った。2人の人妻からメールが返ってきました。

1人目の人妻はアラサーで、年下が好きそう。2人目は40代前半で、もしかしたらぽちゃの部類に入るかもしれない。童貞の友人に連絡を取る。

「2人いけそうなんだけど、どっちがいい?」
「もうゲットできたのか? んー、どっちもってのはいける?」
「いけるけど、料金2倍になるぞ?」
「あーそっか……、じゃあアラサーの方で」
「オッケー」
「セックスしてくれそう?」
「年下好きっぽいから、可愛い感じにいけばヤレんじゃない?」

童貞の彼からIDを教えて貰い、それをアラサー人妻に送る。さて、40代の方が残ったけど、確か前に紹介したやつで熟女好きがいたはず。ラインを送ると、「頼む!」と返事が来たので、そっちは彼に流すことにしました。

数日後、童貞の友人と大学で偶然出くわしたので話を聞いてみると、

「なんかセックスレスみたいでエロバナはむっちゃできるんだけどさ……」
「会う約束ができない?」
「うん、時間がいまいち取れないみたいで。これは強引に行くべき?」
「具体的な日時あげて、ここ空いてますか? って聞いてみたら」
「断られたら?」
「そしたらどこが空いてますか? って。会いたい会いたいだけ言ってもしょうがないし」

実際、「いつか会いたいねー」とだけ言って終わる人は多い。そういう人は大抵、具体的な日時を口にもせずにただ会いたい会いたい言ってるだけ。

会いたいなら具体的な日時を相手に提示する。

これだけで展開はちゃんと前に進みます。

それからまた数日後、大学の講義中、

この画像と共に、

「ラブホテルにあの人妻といるんだけど! 普通に美人でヤバい!」

大学の講義を休んで何やってるんだあいつは、とも思いましたが、それよりも初セックスの方が大事だということは俺も理解できます。とりあえず「今日の小テスト、単位的に重要らしいぞ」と返しておきました。

その後、彼は単位と引き換えに人妻のセフレを手に入れたのでしたwww

ケースPART.2:モデル系JD → ヤリチンのチャラ男

ヤリチンのチャラ男が友達にいるんですけど、こいつがまあ結構な金持ちで、事あるごとに「キレイ系のJD紹介しろよ」とせっついてくるんです。

この前も1ヶ月ぶりくらいに依頼をされたので、何人かのJDをピックアップ、その中からモデル系のJDとライン交換の約束をして、彼に送りました。

「相変わらずいい仕事するねえ。これで事業とか立ち上げられんじゃね?」
「ムリだろ。できたとしても、変なところに眼つけられそうだわ」
「俺なら1万くらいは取るけどな。利益とか出てんの?」
「そこそこ」
「今度、俺にも出会い系でライン交換する方法教えろよ。金は払うから」

既読スルー。

あんまり付き合いたくない感じの男なので、仲良くはなりたくない。しかし、優良顧客であることは確かなので、ほどほどの距離感で関係を保つ。

「おい、なんかブロックされったぽいぞ。お前、これ業者じゃねえか?」
「業者はブロックなんかしない。別サイトに誘導してくるんだよ」
「じゃあなんでブロックされてんだ?」
「なんか失礼なことでも言ったんじゃない?」
「セックスしようぜって言っただけだぜ? ぜってえ気持ち良いからって」

それだわ、アホが。

こんな具合に、彼は紹介されるJDを頭悪く口説いてはブロックされ、すぐにセックスしようとしてはブロックされを繰り返しているのだ。

皆さんも興味があれば一度お試しください!

※今回使ったサイト→PCMAX(R18)

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事