セフレ募集が多い掲示板集めました

出会い系でバレンタインセックスしたった!ww

pcmaxバレンタイン

最近、嬉しいと思ったことは、2019年のバレンタインが仏滅であること。どうも、陰キャ街道まっしぐらのりょうすけです。

こんな俺でもバレンタインそれ自体は楽しみにしていますよ。なぜなら、

バレンタイン当日は出会い系にバレンタイン難民が溢れる日だから!!!

チョコを渡す相手がいない、デートをする予定もない……。そんな女性が、出会い系にはわんさかと出現するんですね。

俺が言うのもなんですけど、なら家でおとなしくしてろよ。とこう思うわけですが、

「バレンタインに独りとか寂しすぎる……」

という理由で、初めて会った男とセックスに興じちゃうバレンタインビッチが爆誕する絶好の機会でもあるので、そんな冷たいことは言いません。ええ、言いませんとも。

というわけで、今年もやってきました行きずりのセックスを楽しむ日こと2月14日バレンタイン、今年はどんなバレンタイン難民が釣れるんでしょうかね!w

バレンタイン当日の出会い系は意外とよく釣れる!ww

pcmax
バレンタインに限らず、クリスマスやハロウィンなど、カップル御用達のイベント当日は出会い系サイトが割と賑わいます。

世間が楽しく騒いでる中を独りで過ごすなんて……

事前に「バレンタインにデートしようよ!」と仕込むことも可能ですが、当日の朝なんかに掲示板に書き込んでも全然間に合う。実際、今回俺がゲットした女性も、バレンタイン当日の朝にゲットしましたからね。

俺が出会い系サイトPCMAXの掲示板に書き込んだ内容がこちら!

「【悲報】俺氏、バレンタイン当日に好きな人に彼氏ができたことを知る……」

悲惨ですね。実際にこの身に起こったと考えたら全身が震えますw もちろんウソなんですが。そのウソに引っかかる女性が数名。とりあえず彼女たちの境遇をば。

1.既婚者の恋人とバレンタインが過ごせなくて寂しい系女子

2.バレンタイン一週間前にフラれたヤケクソ系女子

3.もはやバレンタインはただのチョコの祭典と思うようにしてる系女子

平成最後のバレンタインだというのに、どれも微妙にこじらせてる感じですけど、即セックスできる可能性が高いのは2番かな。1番は重そうだし、3番はただチョコを食べ歩きするだけになりそう。

というわけで、2019年のバレンタインを一緒に過ごす相手は、エントリーナンバー2番、25歳のアヤさんに決定しましたー!w

「それじゃあ今日はいっしょにヤケクソバレンタインパーティーと行きましょう!w」

「イエエェエイ!!」

バレンタイン難民なんてどうせブサイクだろうと思いきや……?w

あくまで個人的な経験則だし、そんなむちゃくちゃにってわけではないんですけど、

バレンタイン難民はブサイクが多い

そりゃそうだ、美女だったら出会い系なんて使わなくても、リアルに引く手数多だろうし。

こちとらセックスができればそれでいいんだ。どうせ今回もちょいブス、ちょいポチャあたりが待ち受けているのだろう。そんな風にくさくさしながら新宿の待ち合わせ場所に行った俺を待ち受けていたのは、、、

いや、ありえない。

どうせ彼氏かパパ(意味深)と待ち合わせしているリア充だろう。そう思いながらラインを送ってみると、すかさず眼の前の美女が反応。

「もういるよ! どこにいるの?」
「え、マジ? ちょっと髪触ってみて」

ラインを送る。すると、辺りを見回しながらおもむろに美女が髪を触りました。

わあああ、大当たりだああああッ!

バレンタインが仏滅って決めたの誰ですか? お釈迦さん? バカじゃね?(失礼)

途端、緊張に震え始める足を引きずりながら合流。
待ち合わせハーフっぽい整った顔立ちに、まともに視線が向けられない。しかし、そんな俺の様子を意にも介さず、

「ね、ね、ホテルでチョコのビュッフェやってるみたいなんだけど行こうよ」

ぐいぐいと俺の手を引っ張る。どうやらヤケクソチョコパーティーをする気らしい。時刻はまだ昼前、即ホテルというのも普通に考えればあり得ないことだったので、俺は彼女の後を付いていきました。

「好きな人に彼氏がいたって、どうやって知ったの?」
「え、と、今日ヒマ? ってラインしたら彼氏とデートだよーって」
「うわ、すごいね。それ完全に向こうにも好意伝わってんじゃーん笑」
「どうして彼氏にフラれちゃったの?」
「彼氏じゃないよ、好きな人。告白したらドカーンって」
「ん? 普通バレンタインに告白とかするものなんじゃ?」
「バレンタインは普通にデート楽しみたいじゃん。ちゃんと恋人になった人とさ」

お皿に山と盛ったチョコスイーツをパクパク食べながらロマンチックなことを言うアヤさん。こんな美女の告白を断るとは、相手の男はさぞイケメンなのだろう。

「私、バレンタインって実は縁ないんだよねえ。イイ思い出が一個もない」
「はは、俺もかな。チョコレートなんか一個ももらったことないし」
「じゃあ私が初めてのチョコあげる。あーん」
「あ、あーん……、ありがとう」
「どういたしましてー。なんか、今までのバレンタインで、今日が一番楽しいかも」
「はは、俺も、かな」

バレンタイン効果凄い。ガチャガチャうるさいビュッフェなのに、なぜかロマンチックなムードが形成されてる。平成最後にして初めて、バレンタインの素晴らしさを知りました……。

スタイル抜群の美女と甘々バレンタインセックスを堪能しましたw

ビュッフェを出た後はデパートのチョコ売り場を冷やかしたり、オシャレなカフェでチョコの飲み物やスイーツを食べて過ごしたりしました。陽が暮れる頃にはアヤさんは俺の腕に手を回し、二人はすっかり恋人っぽい雰囲気になっていました。

「色々歩き回ったし、ちょっと疲れたでしょ?」
「うん、疲れた。お腹いっぱいだし。明日からダイエットしなきゃだなあ」
「ダイエットと休憩も兼ねて、ちょっと身体動かしに行かない?」
「言い回しが変態っぽい笑 もっと分かりやすく言ってよー」
「ラブホテルでセックスしたい!w」
「それは逆にストレート過ぎ!笑 ……まあ別にいいけど」

まさか我が人生にこんなスタイル抜群の美女とセックスする日が来ようとは、一生の思い出になりますね。

バレンタインイイ女はイイ匂いがする。甘い匂いに包まれながら、甘々のバレンタインセックスを堪能しました。

その後、彼女と再び会うことはありませんでした。

「こういう関係は1回でおしまい」

悲しいけれど、この甘酸っぱさがきっとバレンタインなんでしょうね。

平成最後のバレンタインに、イイ思い出ができました。ありがとうございました。

※今回使ったサイト→PCMAX(R18)

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事