セフレ募集が多い掲示板集めました

【ハッピーメール】バツあり熟女の離婚理由はまさかの「エロすぎる」だったwww

エロ熟女

最近、バツあり熟女とセックスするのにハマってまして、色々と楽しんでおります。バツありはバツありでも、なんで熟女かっていうと、単純に「エロい」からです。

男日照りの身体を持て余してる女性が実に多いんですね。

先日、出会い系のJメールで捕まえたサエコさん(36)もそんな感じの熟女でした。けれど彼女は、そんじょそこらの熟女とはけた違いの性欲を有しているようでした。

「なんで離婚しちゃったの? 性格の不一致とか?」
「それもあるけど、一番はやっぱり夜の営みかなあ」
「あーセックスレスとか? よく聞くよね」
「ううん、その逆。セックス過多? っていうのかな、この場合は」
「ん? セックスし過ぎってこと?」
「あたしが求め過ぎたの笑 毎日、何回もヤリたがってたら出て行かれちゃった笑」

そんな理由で離婚ってのもあるんですねえ。というか、

旦那さんが出て行くようなエロさって、相当ヤバいなwww

遊び半分で踏み込んだら危険かもしれない、という想いとは裏腹に、俺は彼女とセックスしたいと熱望するようになりました。

その熱望にはまた別の理由があります。ハッピーメールラインハッピーメールライン2

こんな写真を、ことごとく送ってくるのです。スタイルは、決して良くない。

良くないんですけど、でもそれを補って余りあるほどのエロさがある。熟女特有のエロさ。これは、俺がバツあり熟女を狙う理由の1つでもあります。

発散しきれない性欲を溜め込んでいるのは想像に易く、その為、「セックスしない?」と誘えば「いいよ。いつ?」とすぐに返事が届きました。

「日曜は? ラブホでいい?セックスするよね?」
「他に何するの?笑 あたしゴム嫌いだから生でしたい派だけど大丈夫?」
「それは嬉しいけど、危なくない?」
「気になるなら、次の週の土曜が安全日っぽいけど?」
「じゃあ日曜に外出しセックスして、土曜に中出しセックスしようかw」
「りょうかーい♪ 何回もできるようにパンパンに溜め込んできてね?」

言われなくても。オナニーするくらいなら、セックスを選びます。出会い系サイトなら、オカズを探す時間で熟女の1人や2人調達するのは楽勝ですからね。

バツあり女性は狙い目!人妻のエロさと独身の自由さを併せ持つハイブリッドwww

バツあり女性は色々と都合が良いんですよね。人妻特有のエロさと、独身女性の特権である自由を兼ね備え、男性のセックスへの欲望にことごとく応えてくれます。要するに、会いたい時に会って、セックスができる、というわけ。

リアルでバツあり女性を口説いたら、「再婚考えてくれる?」みたいな展開になりそうですが、出会い系サイトにおいてそれはほとんどあり得ません。

出会い系サイトは、女性にとっても「セックス相手を探す場所」だからです

特に、一度結婚に失敗している女性が、出会い系という不確実な場所で真面目な出会いを探すとは到底、考えられません。人妻や独身以上に、バツあり熟女というのは、出会い系に性を求めにやってきているのです。

出会い系でバツあり女性を探すのは簡単です。

マッチングアプリ

左がJメール、右がハッピーメール。

Jメールは「交際ステータス」の項目がない為、上図のようにキーワード検索を駆使して探すが、好みの年齢などを設定して、地道に掘ることになります。

個人的には前者の方をオススメします。「バツ」「離婚」をプロフィールに書いているバツありの人妻女性は多く、それだけで簡単に見つけることが可能です。

ハッピーメールの方は、「交際ステータス」の項目があるのでほぼ説明不要ですね。

エロ写メ送ってくるバツあり熟女と会って速攻ラブホに行こうとしたら……

写真の通り、体形のちょっと崩れた熟女サエコさんと、渋谷で合流しました。

早速ラブホ街の方へ行こうとすると、「ちょっと」と引き止められました。

「ちょっと、トイレ行かない?」
「トイレ? 別にいいけど。じゃあ外で待ってるよ」
「じゃなくて、トイレで1回していかないってこと♪」

マジかこの熟女……、とこの状況で思ってしまうのは俺だけではないはず。なんで今からラブホで思いっきりセックスできるのに、わざわざトイレなんかでセックスしなければならないのか。聞くと、こんな答えが返ってきました。

「ホテルでするセックスって、なんか普通過ぎてつまらないでしょう?」

もしかしたら旦那さんも、こういうアブノーマルプレイに嫌気が差して離婚に踏み切ったのではないだろうか。単に性欲過多が理由ではなくて。

サエコさんに半ば強引に連れられ、俺たちはこっそりと多目的トイレに入りました。ズボンを下ろされながら、「この状況で立つのだろうか……」と不安に思いましたが、そんな懸念は彼女の口に吸いこまれていきました。

「凄いね、大きい…。セフレの中でトップクラスかも」
「セフレいるんだ?」
「言ってなかった? いるよ、日替わりでセックスできるくらいには笑」
「俺もその仲間に入れてくれるの?w」
「それは今日の頑張り次第かな笑 今のところ、合格♪」

トイレハメ撮りドア向こうの騒めきを背中に感じながら、俺はバックで挿入しました。初めての経験でしたが、こういうプレイもなかなか悪くない。精液を便器に出し、流してから、入った時と同じようにこっそりとトイレを出ました。

「もしかして旦那さんがいた時もこういうプレイしてたの?」
「たまにおねだりしてたかな。マンションのベランダで、とかね?笑」
「他には?」
「青姦、ソフトSM、カーセックスは、旦那とはやったかな。あでも」
「でも?」
「複数はやらなかった。それ言ったら、旦那出て行っちゃったから笑」

旦那以外とはしてるけどね。なんて屈託なく笑うサエコさんが、俺はちょっと怖くなってしまいました。
セックスモンスター。こんな女性、本当にいるんですね。

淫乱熟女にセフレの一員としてローテーションされる日々を送っていますw

ホテルに入ると、トイレでのセックスがお遊びだったと思えるくらい、サエコさんは激しく、濃厚なセックスを繰り広げました。

ハメ撮りイキやすい体質なのか、何度も身体を痙攣させては積極的に腰を動かし、息も絶え絶えになりながら、しかしその顔は快感にとろけているようでした。絶頂に達し、抜こうとしたアソコを逃すまいと腰を器用に動かし、結果的に俺は中出しをしてしまいました。

「こ、これ大丈夫? 全部、出ちゃったけど」
「大丈夫でしょ。デキちゃったら、その時に考えればいいし」
「アフターピルとかは?」
「考えておくね。それよりもさ、まだデキる? あたし物足りないんだけど……」

彼女に小学生の子供がいなかったら、日付が変わる時間になるくらいまで搾り取られていた。そう予感させる、昼日中の濃厚な情事でした。

この日以来、俺はローテーションに組み込まれました。サエコさんの、セフレローテーションに。お呼びがかかるのは、月に大体2回ほど。頻度はそこまで多くない。

「大学生の子がいるからね、フットワークは彼が一番軽いんだ」
「でも若干、早打ちでね。まだまだ若いんだよね。育て甲斐はあるけど♪」

定期的に複数プレイもやっているらしいですけど、俺はそこに参加したことはないし、今後もすることはないでしょう。他の男のアソコを見ると、萎えてしまう気がします。

サエコさんはさすがに例外中の例外ですけど、バツあり熟女は総じてエロい。これは断言できます。搾り取られるくらいの覚悟があるならば、試してみてください。

※今回使ったサイト→ミントJメール

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事