セフレ募集が多い掲示板集めました

アナル調教セックスは究極のエロス!変態女性と出会う方法をご紹介!

anai sex love

身近な存在なのに実は1度も体験したことないモノ、なーんだ?

そうだね、アナルセックスだね!

アブノーマルプレイの筆頭格でありながら割とハードル高めのアナルセックス。今回はこのアナルセックスを実現するべく、ある場所でアナル調教オッケーな女性を見つけ出し、
実際にアナル調教セックスしてきました!

変態な女性との究極のエロス。とくとご覧ください。

リアルでのアナル調教はリスクが高い?それなら……

リアルでアナル調教セックスを楽しむ方法はいくつかあります。

・恋人かセフレを作る
・風俗などに出向く
・ゲイになる

3番目はともかく、残り2つは一見実現可能に見えますが、実はデメリットが多い。

まずリアルに繋がりのある人間とアナルセックスすると関係が崩れやすい。日常的に顔を合わせる女性の肛門に侵入したとなっては、男性側もそうだし、女性の方もなんだか気まずい思いをしてしまいます。

また風俗に関して言えば、アナルセックスはアブノーマルプレイの一種なので余分にお金が掛かりますし、何より背徳感が足りない。

「はいどうぞ」
と差し出される肛門にロマンがありますか?

リアルに一切の繋がりがなく、かつアナルセックスに精通していない素人女性。

そんな女性を見つけるべく、俺が足を運んだのはとある場所でした。場所と言っても実在はしない。運ぶのは足ではなく、実際は指だ。

俺がアナル調教セックス相手を探すのにこの身を投じた場所は出会い系サイト。
出会い系サイトのPCMAXでした。

そこで出会ったのはひとりの専業主婦。
名はトモミさんと言い、年齢は42歳。人妻にありがちなセックスレスの女性で、

「ちょっと刺激的なことがしてみたくて」

出会い系に登録した理由を、彼女はこう語りました。

アダルト機能満載のPCMAXでエロい女性を見つける方法

PCMAXはアダルトな出会い、特にアブノーマル系の出会いが見つかりやすいことでも有名な出会い系サイトです。

画像1

このように掲示板にはアブノーマル専用のジャンル
「変態さん募集」があり、

画像②

それに加え、プロフィールの「利用目的」にもしっかり
「アブノーマル」という項目がある。これはアブノーマルな出会いの需要が多いということを示しています。

また、PCMAX独自の機能として「裏プロフ」という、いわゆるアダルト専用のプロフィールがあるのですが、なんとその項目のひとつに、

画像3

こんなものが!?w

通常のプロフ同様、裏プロフも検索に対応しており、上記の質問に答えた女性を抽出してみると、こんな結果が出ました。

画像4
画像5

これでアナル調教セックスOKの女性をピンポイントで探すことができます!

PCMAXは女性ユーザーのルックスが良いことでも知られています。美人な上にアナルセックスなどのアブノーマルプレイにも積極的とか、もはや夢しか広がりませんね!w

究極のエロス!人妻とのアナル調教セックスは至高の体験でした

出会い系サイトでセックスしやすい女性のプロフィールにはある特徴があります。

恋人がいない、あるいは別れたばかりとプロフに書いている
パートナーへの不満を暗に匂わせている
掲示板への書き込みや短文の呟きが多い

言及すべきは、出会い系サイトに登録してまで、あえてこのような言動に及んでいるという点。
誰かに構って欲しい、癒して欲しい。そんな魂胆が透けて見えます。

人妻のトモミさんは2番目に当てはまりました。もちろん名言はしていない。けれど、

「旦那とはもう家族のようになってしまって――」

人妻の場合、この一言で十分ですよね。

彼女とは掲示板経由で知り合いました。そう、上でも紹介した「変態さん募集」です。

「刺激的で非日常なプレイにご興味はありませんか?」

こんなタイトルの書き込みをしたところ、この主婦が足跡という形で喰いついて来たんですね。

「刺激とか非日常って言葉に惹かれてしまって……」

メールを送ると、足跡を残した理由を彼女はこう白状しました。この時点でもうエロ目的であることは確定。セックスは固い。

俺がアナル調教セックス目的であることを暴露したのは、カカオで話し始めて数日後のことでした。

「アナルセックスってしたことある?」

俺が聞くと、「ないですね」と人妻は答えました。

「普通のエッチばかりだったので」
「じゃあもしかしてちょっと興味あったり?」
「んー、ちょっと怖いかも……」
「刺激的なことしたいんでしょう?」
「それは、まあ……」
「アナルセックスって、その最たるものだと思うんだけど」

トモミさんがアナル調教を受け入れるのに24時間も掛かりませんでした。興味自体は元々あったみたいですし。

人妻を相手にする場合は常に家族バレのリスクを意識した行動を心掛ける必要があります。

実際に会う場合も同じ。衆人環視のある場所にいる時間をなるべく短くし、素早くホテルに移動する。本来なら直接ホテルに行ければ良いんですけど、初対面だとそれはあまり現実的ではない。

「あー久し振りにドキドキしちゃった」

ホテルの部屋に入り、トモミさんがマスクを外しながら息を吐きました。

愛すべき日常。
しかし人妻はそれが物足りない。俺たちはソファで少し話し、そしてアナル調教セックスへと歩を進める。

アナル調教は浣腸から始まる。俺が選んだのは座薬タイプの浣腸薬でした。

「あー待って、これほんと恥ずかしいんだけど……」

四つん這いになり、尻を突き出すトモミさん。デカい尻だ。後ろから眺めながら思う。俺は今か今かと浣腸の時を待つ人妻のエロい臀部を見つめながら、アナルに顔を寄せた。

「え、待って、舐めてる? ちょっと、ほんと汚いからやめて!」

羞恥に膨れた叫び声が聞こえる。しかしそれでも俺は舐めるのをやめない。独特な味がする。匂いがする。マンコに指を触れると、ぐっしょりと濡れていた。俺はアナルに舌を入れたまま、手マンを始めました。

「ねぇ浣腸はぁ? アナルでするんじゃないのぉ?」

喘ぎ声交じりにトモミさんが問う。気付けば浣腸の薬はベッドの隅に無造作に放ってありました。俺はズボンを脱ぎ、パンツも脱いだ。そしてそのまま、膨張マックス状態のチンコをアナルに当てる。

「え、待ってもうするの!? 浣腸は!?」

さすがに慌てた様子の人妻が、首だけでこちらを振り返りました。

「まあ、大丈夫かなって」
「良くない良くない、絶対良くないから」
「入れるよ?」
「あー待って、分かった、分かったからローションだけは付けよ、ね?」

そう言ってトモミさんは枕元にあったローションのパックを投げて寄越した。俺はそれを開け、アナルと、そしてチンコに塗りたくる。

「じゃあ今度こそ入れるよ?」

ローションでテカテカしているチンコを、到底それを受け入れられるとは思えない程の大きさのアナルに突き挿す。

「あぁぁ、んっ、あ、あ、あぁ……」

苦しそうな人妻の声とは裏腹に、チンコは意外なほどすんなりアナルに入っていく。やがて根元までしっかりアナルに挿入し終えると、トモミさんが長めの息を吐いた。

「大丈夫?」
「うん、平気、でもなんか慣れない感じ」
「気持ちいい?」
「分かんない」

俺は腰を動かし始めた。ローションのおかげで出し入れはスムーズだ。茶色のあれも見当たらない。しかし締め付けがマンコのそれとは段違いで、気を抜いたらうっかり射精してしまいそう。

そのうち、トモミさんが喘ぎ声を上げ始めました。荒い息を漏らしながら、枕を握り込む。俺はねだるように突き上げられた尻を手の平で叩いた。

「あぁん」

媚びるような声が上がる。もう1度叩いた。今度は甘い声が耳に届いた。

「叩かれて感じてるのか、この変態」
「だってぇ、気持ちいいんだもぉん」

アナル調教セックスの難点は顔が見えないところだ。しかしアナルセックスの体位がバックだけと誰が決めた。俺たちは騎乗位でのアナルセックスを始めた。

anai sex love

これがなかなか良かった。ノーマルセックスでは味わえない感覚。この短時間でますます変態度を増した人妻もお気に召したようで、

「あぁ、ぁぁ、あぁ――」

と呻きと聞き違うような喘ぎ声を上げながら、アナルでチンコの感触を存分に堪能していました。

フィニッシュは中出しでした。アナルなら妊娠の心配はない。肛門から垂れる白い液体に、背筋がゾクゾクする。

「――あ、そろそろ帰らなきゃ娘帰ってきちゃう」

しばらく放心状態だったトモミさんが急に母親の顔になり、浴室へと急ぐ。

アナルに旦那以外の男の精子を溜め込んだ人妻が笑顔で娘の帰宅を出迎える姿を想像して、俺は軽く果てました。

PCMAXでアブノーマルプレイを楽しむ方法まとめ

PCMAXでアブノーマルプレイを楽しむなら掲示板を使うのが一番。
「変態さん募集」に書き込めば、目的にピッタリの女性が見つかるでしょう。

なお、今回俺は浣腸なし、ゴムなしのアナル調教セックスを行いましたが、

皆さんは浣腸もゴム装着もしっかり行いましょう

周知の通り、肛門はアレが出るところ。雑菌もいっぱいです。安全にアナルセックスを行う為にも、浣腸とゴムは必須と言えます。

リアルではデメリットの多いアナル調教セックスも、PCMAXを使えば非常に簡単かつ安全に楽しむことができます。

皆さんもPCMAXで
アブノーマルパートナーをゲットして、アナルセックスをお楽しみください!

※今回使ったサイト→PCMAX(R18)

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事