セフレ募集が多い掲示板集めました

セフレになりたくないと言う女を上手く丸め込んでセフレにする方法

セフレになりたくない

セフレを作る気満々でセックスまで持ち込んでも、「私セフレにはなりたくないよ」とか「エッチしたって事は私彼女ってことだよね?」と迫られることもありますよね?
というか、セフレを作ろうと口説いていれば必ずこういった事を女性から迫られることがあります。

このような女性を上手く言いくるめてセフレにする方法をアドバイスしていきますね。

セフレになりたくないという女とは曖昧な関係を続ける

セフレには絶対なりたくないという女性の場合、最初から強引にセフレにするのは無理があります。こういった考えを持つ女性の場合は

セフレでもなければ彼女でもないという、曖昧な関係を維持するようにしましょう。

「もう少しデートとかしてお互いのことを知りたい」とか言っておけば問題ありません。
一度彼女にしてしまうとセフレという関係には絶対なれませんし、かといってハッキリと身体目的だということを伝えると相手にはドン引きされます。

このタイプの女性にはデートの度にセックスするのも良くありませんね。
エッチしたい気持ちはわかりますけど、3回に1回くらいは、セックス抜きのデートをするだけでも女性は「自分はセフレじゃない」と、勝手に都合の良いように解釈してくれます。

最初のうちは、食事やドライブなど、外でのデートを中心にして、次第にホテルや自宅中心のデートにシフトチェンジしていくのが効果的かな。

もちろん最終目標は、エッチしたいときに呼べばいつでも自宅に来てくれる女性だったり、デートにしても待ち合わせからホテルへ直行し、ホテルを出るとバイバイするという関係です。
これだと無駄なお金を使わずに済みますし、本命の彼女が出来たとしても浮気がバレるリスクを減らすことができますからね。

セフレにするために当初から予防線は張っておく

自分はセフレ感覚でエッチしても、上記のように女性は彼女になれると勘違いしているパターンもありますが、そうなることを防ぐため最初から予防線を張っておくことも重要です。

これは私が出会い系サイトで良く使う手段なのですが、まだ会う前の段階から予防線を張っておくようにしています。

例えば、家族の看病や介護で疲れているので、気分転換に出会い系サイトに登録したという内容をプロフィールなどに書いておくようにします。
そうすれば、いざ女性の方から「彼女にして欲しい」と迫られても、今は家族の看病とかで時間を自由に作ることができないし、自分も精神的にいっぱいいっぱいなので、彼女を作っても寂しい思いや辛い思いをさせてしまうので、家族の看病や介護が落ち着くまで待って欲しいという逃げ道が作れます。

これと同じようなことなのですが、プロフィールに「最近独立開業したばかりです」と書いていたりもしますね。
これだと「仕事を独立したばかりで、今は仕事を軌道に乗せることが最優先だし、収入も安定していないので、軽はずみで付き合ったりはできない」という言い訳が成立します(笑)

このように、「セフレじゃ嫌!本命の彼女にしてほしい」と迫られたときの逃げ道をあらかじめ用意しておくことで、セフレ作りは格段に楽になります。

この記事のまとめ

「セフレにはなりたくない!」という女性の場合、まず今は彼女を作れる状況じゃないというシチュエーションを事前に作っておくことが一番良い方法だと思います。
エッチした後になって突然「家族が病気だから今は時間が作れない」とか言っても、取ってつけた言い訳のようにしか聞こえませんが、それをエッチする前の段階で話しておくことで、女性の受け取りかたもまったく違ってくるのではないでしょうか。

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事