セフレ募集が多い掲示板集めました

援デリ業者の見分け方は?出会い系でポイントを無駄にしないコツ

最近、出会い系サイトで非常に目障りな存在なのが「援デリ業者」や「裏デリ業者」と呼ばれる業者さんたち。
援デリや裏デリには、2種類いて、デリヘルなどの風俗店が組織的に違法な売春行為をしているケースと、やんちゃな兄さんたちが数人のグループで個人的にやっているケース。

東京や大阪などの都心部では、組織的な業者が多い傾向にあり、地方部にいけばいくほど個人グループでの業者が目立つようになります。

組織的な援助交際グループとは

ベースとなっているのは、デリヘルなどを経営している業者なんですよね!
デリヘル業界も競争が激しくなり、客獲得のために出会い系サイトなどで割り切りしている男性をターゲットにしています。
もちろん、デリヘルなどの業者だということは明かさず、一般の素人女性を装ってきますので、見分けるのが難しいのが特徴です。

組織的な援デリ業者の特徴
基本的には、自分たちの縄張りがあるので、たいていのケースでは決まった街、しかも決まった地域で割り切り募集をしていることが多いですね。
待ち合わせ場所が毎回ワンパターンなのが特徴的だったりしるので意外と見分けるのが簡単w
あと、数人いる女性の中から女の子を派遣するので、写メの交換などを拒否するケースも珍しくありませんよね。

組織的な援デリ業者の見分け方
組織的に活動しているので、融通が利かないという特徴があります!
たいていの場合は、時間を1時間くらいで終わらせようとするので、最初のメール段階で何時間くらい一緒に居れるかを聞いてみましょう!
あとは決まった時間帯に掲示板に書き込みをすることが多いですね。
昼間はあんまり活動してなくて、夕方の17時から19時くらいに最初の書き込みを毎日のようにしている女性は業者の可能性が高いので注意!
さらに同じ日に、時間をあけて何度も募集している女の子も注意してください!
一日に何人もの客を取っているので、一人目の客が終わったら、また新たな募集書き込みをする特徴があります。

個人的な援助交際グループとは

デリヘル業者よりも面倒くさいのが、個人単位でやっているような援デリ業者たち!
男性2名から3名くらいのグループで、女性の数も1名から3名くらいの小規模な援デリグループがほとんど。

このような場合、仲の良い友達グループで小遣い稼ぎ的な感じで援デリみたいなことをやっているケースが多く、デリヘル業者の援デリよりも見分けるのが難しい。
地方にいけば、コッチのパターンの援デリ業者が8割くらいを占めてますからね。

個人的な援デリ業者の特徴
デリヘルなどの援デリ業者のように縄張りなどは決まってないので、神出鬼没なのがウザい!
今日はA市で募集しているかと思えば、翌日はB市で募集していたり、さらに翌日にはC市で募集しているなど、本当にウザい。
これは、警察の摘発を警戒しているのと、本職の人(暴力団)などに尻尾をつかませないためだと言われてますね。

ただし、デリヘル業者などとは違って写メで釣る特徴があります。
カワイイ女の子写メをあらかじめ掲載して援交募集するケースが多いんだけど、この写メはほとんどネットで拾ったウソの写メばかり。

田舎へ行けばいくほど、この個人グループの援デリ業者が多くなる特徴があります。

個人的な援デリ業者の見分け方
まず写メがある場合、その写メをグーグルの画像検索で検証してみてください。同じ写メがヒットしたら、その女性は援交業者だと思って間違いないでしょう。
つぎに、出会い系サイトのメモ機能を利用する方法があります!
メモ機能を利用して、割り切り募集している地域をメモっていてください。
日にちを変えて、色んな地域で募集している場合も業者でほぼ間違いありません。

また地方部にお住まいなら、車での待ち合わせも多くなると思いますが、歩きで来るという女性は要注意です!
このような業者必ず男性が運転する車で待ち合わせ近辺まで送迎されてくるので、車同士で待ち合わせできるケースの方が安全なんです。

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事