セフレ募集が多い掲示板集めました

彼氏がいるのに一夜限りの関係を過ごしてしまった女の言い訳3選

一夜限りの関係

好きでもない男性、知り合ったばかりの男性、会社の同僚や学生時代の友人など、

一夜限りの関係を持ったことがある女性は実に10%いる

という事がアンケートにて分かりました。
この10%を多いと思うか、意外と少ないと思うかはあなた次第ですが、現に10人に1人の女性が一夜限りのワンナイトラブを体験していることに間違いありません。

そこで、本命の彼氏がいる女性が、別の男と一夜限りの関係を持ってしまったとき、どのような言い訳をするのでしょうか?
これを知っておくと、自分の彼女が浮気をしていないか判断する材料にもなりますよね。

言い訳1:友達の家で飲んでいたら寝ちゃってた

「友達の○○ちゃんの家で飲んでいたら、いつのまにか寝ちゃってて起きたら朝だった」

これは女性の定番の言い訳ですねw
事前に○○ちゃんの家に行くから!と聞いていたのであれば本当の可能性もありますが、突然連絡が取れなくなり、その翌日にこのような言い訳をする場合はかなり高い確率で浮気をしている可能性があります。

言い訳2:具合悪くて寝ちゃってた

コレも定番だと思いますが、「具合悪かったか早くに寝ちゃってた」ですw

とにかく本命カレと連絡が取れないことが疑われている原因なので、妹が泊まりに来ていたとか、そういう系の言い訳では通用しませんからね。
一番無難なのは寝ていて連絡に気付かなかったという理由なんですよね。

言い訳3:女友達の相談に乗っていたから連絡できなかった

思わず彼氏からのLINEをみてしまい、既読マークがついてしまった場合などは、「寝ていて気付かなかった」では通用しなくなります。
そんなときに女性が使ういいわけが、○○ちゃんの恋愛相談にのっていたから、電話とかLINEは出来なかった!と言います。真剣に恋愛相談してくれているのに、その最中で電話やLINEをするのは○○ちゃんに失礼だからと言いたいのでしょうね。

そのほかでは、

「地下にあるお店で飲んでいたので携帯が圏外だったとか」
「携帯の充電が切れていることに夜中まで気付かなかった!」

という言い訳もありますが、最近はLINEが連絡手段の主流になっていますので、電波状態が回復すればすぐにメッセージが届くようになっており、あまり良い言い訳ではありませんねw

この記事のまとめ

本命の彼氏がいるのに一夜限りの関係を持ってしまうと、その女性が彼氏に浮気がバレてしまう可能性があります。本命がいる女性の場合、セフレにすることを考えるよりも、一夜限りの関係で終わらせておくのが良いのかもしれませんね。

どうしてもセフレにしたいのであれば、とりあえず女性側の連絡先だけを聞いておき、1週間後くらいに様子伺いで連絡してみることをオススメします。すぐに連絡してしまうと別れ話の真っ最中ということもあり、揉め事に巻き込まれる可能性もありますからねw

※18歳未満の方は出会い系サイトを利用できません。

関連記事